【愛知を観光】日間賀島旅行!

我が家はゴールデンウィークに旅行に行くことが恒例行事になっています。海外もしくは沖縄が候補にでましたが、予算オーバーで断念。。。。。でも行ったことのないところに行きたいねという話になり、愛知県の離島、日間賀島が候補にでました。

「離島」という現実逃避を連想させるワードだったので、即決定!宿もすぐに予約しました。ここからは日間賀島がどんなところだったかを紹介したいと思います。

日間賀島はどこにあるのか?

日間賀島は知多半島から船で10分くらいの場所にある離島です。

私は車でいったのですが、知多半島道路をずーと南に走り師崎港でフェリーに乗り換えて日間賀島まで渡りました。車はカーフェリーで日間賀島にわたることもできたのですが、現地で車を使う予定もないので、宿が所有している駐車場に置いて船に乗って島に渡ることにしました。

料金は往復で大人ひとり1,400円くらいでした。子供 (3歳児) は無料でした。午前中の便に乗ったのですが、30分に1本くらいで運行しているようで、あまり待たずに船に乗ることができました。日間賀島までは船で10分程度で到着しました。

おすすめの移動手段&観光スポット

レンタサイクルがおすすめ

島のフェリー乗り場の近くにお土産屋さんや飲食店が集まっています。その中のひとつで自転車を借りることができます。島は30分もあれば自転車で1週できてしまうほどの小さな島です。

子供用の荷台のついた自転車も借りることができるので、子供を乗せて島をサイクリングすることができます。私も3歳の子供を自転車に初めて乗せましたが、風を切って走るのが気持ちいいようで親子で楽しむことができました。料金は1時間で1台500円でした。

道は広く、車はほとんど通りません。まさに自転車天国です。注意が必要ですが、自転車に乗っているところを自撮りすると、いい思い出になります。私の場合は子供の後ろに乗せて写真をとりましたが、スマホを手にもって撮影したためブレブレになってしまいました。自撮り棒を使えば、簡単にいい写真がとれると思いますのでオススメです!
海沿いに道が走っていますので、スマホ用の広角レンズをつけてとれば景色も含めていい写真が撮れると思います!

自撮り棒 iphone Android 対応 bluetooth 無線 シャッターボタン付

スマホ用カメラレンズセット iphone Android全機種対応 簡単装着 携帯レンズ 3in1(広角+マクロ+魚眼)

(↓このお店で自転車借りられます。)


タコのモニュメントと駐在所

日間賀島はタコが有名な島なのだそうです。実際、港にいってみるとタコつぼがおいてありました。始めてみましたが、なかなか興味深く思わず写真を撮ってしまいました。また、いたるところにタコをモチーフにしたものがありました。駐在所がタコの形だったのは遊び心があるなぁと感心しました。

警察のお世話になることはないと思える平和な島でした。

ハイジのブランコ

ハイジのブランコなるものが有名です。大きな松の木に設置されている木製のブランコで、海に面しています。私がサイクリングで行った時には、行列ができていたので断念しました。次の日の午前中に行ったときは、誰もいなかったので写真を撮りました。

人の多い午後は避けて、午前中の早い時間にいくのがベストです!

海辺の散歩

島の人口が少ないせいか、島の道路はあまり車どおりが多くありません。しかも海沿いは堤防の上が歩道になっているため、車を気にすることなく海をみながら散歩を楽しめます。私は朝早く起きて朝食前に散歩に出かけました。

すがすがしい気持ちで海を散歩することができたので、オススメです!

おすすめグルメはタコ!

身が引き締まっていて、おいしいタコだそうでさっそくたこ焼きを買ってお昼ご飯にしました。その日は暑かったので、お昼からたこ焼きをつまみにお酒グイっと!浜辺近くの公園で海を見ながらの昼ご飯。ロケーションがよく、おいしいたこ焼きがさらにおいしく!

酒がすすむ!すすむ!最高の昼ご飯でした。

今回の課題

駐車場について、もっと作戦が必要だったなぁと思います。宿が用意していた駐車場は無料なのですが、フェリー乗り場まで歩いて30分かかりました。1泊分の荷物と3歳の子供をつれて30分歩くのはなかなか大変でした。

フェリー乗り場に近い駐車場は1日2000円と、かなり割高。。。。1泊2日だと最大4000円の駐車料金なので、選択肢には入りません。事前に宿の駐車場とフェリー乗り場までの距離、最寄りのバス停を調べておいたほうがいいと思いました。

総じて、とても楽しい旅行になりました。親子連れで行くには、とてもいい観光スポットだと思いました!ゴールデンウィーク、お盆のシーズンに訪れるにはオススメです!

お得で人気の旅をお探しの方は必見!ニーズツアー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です