【長野を観光】春の散策!菜の花畑と桜のコラボレーション

春といえば、お花見です。

お花見といえば桜ですが、春の花は桜だけではありません!

4月の中旬くらいから菜の花もきれいに咲き始めるのです。

ということで、今回は長野に菜の花を見に行ってきました。

毎年、長野の飯山では菜の花まつりが開催され、多くの観光客が訪れます。

菜の花の黄色いじゅうたんは抜群のインスタ映えです!

 

http://www.city.iiyama.nagano.jp/contents/ivent_calender/nanohanafestival

 

車で現地に向かう途中、川沿いに八重桜が咲いているのを見つけました。

あまりにきれいなので、ちょっと寄ってみようと思いました。

ちなみに桜にはいくつか種類があって、その中でも染井吉野は

3月中旬くらいに開花し、一週間くらいで散ってしまうのに対し、

八重桜は染井吉野よりも数週間開花が遅く、花もちもいいようです。

個人的には八重桜のほうが色がピンクっぽく、迫力があるので好きです。

<染井吉野と八重桜の違い>

https://tenki.jp/suppl/kana/2018/04/07/28009.html

 

今回寄ったのは長野の中野市というところにある小布施橋付近です。

ここでは、菜の花と桜が同時に楽しめることがわかりました!

しかも河川敷とあって駐車料金や入場料はタダでした。

飯山に行くのを急遽予定変更!

ここで桜と菜の花を楽しむことにしました。

辺り一面に菜の花の黄色いじゅうたんが広がっていました。

 

そして菜の花畑から少し上がったところにある堤防沿いには

満開をむかえた八重桜が咲いていました。

高速道路からもよく見えて、桜並木が数キロ続いています。

桜の木の下でピクニックを楽しんでいる人がたくさんいました。

菜の花と桜両方を一度に見れるなんて。。。。

しかも無料で!

とても満足のいくドライブになりました!

春の長野観光をお考えのみなさんは、ぜひお立ち寄りください!

オススメの観光&ドライブコースですよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です