【長野を観光】牛に引かれて善光寺!

GWの最終日、「牛にひかれて善光寺参り」に参加してきました。

善光寺は長野に観光にきたら一度は訪れたい観光スポットのひとつです。

「牛にひかれて善光寺参り」はGW最終日に毎年行われるイベント。

今年で37回目だそうです。

戸倉上山田温泉から善光寺までのおよそ30kmを歩くという

なかなかユニークなイベントです。

牛にひかれて善光寺。。。昔、老婆が布を干していた時に

近くを通りかかった牛の角に布がひっかかり、

その牛を追いかけているうちに気づいたら善光寺まで来てしまった。。。。

というのがこのイベントのもとになっているお話みたいです。

さて、このブログでは「牛にひかれて善光寺参り」のイベントに

興味はあるけど、踏み出せない人の背中を押すような情報を

提供できればなと思います!

 

持っていったもの

・飲み物・・・・500ml x 2本

・おやつ・・・・SOYJOY x 1本、カロリーメイト x 1箱

・首ひんやりスカーフ・・・・水で濡らすとひんやりする優れモノ

・ボディーシート・・・汗拭くときに使うもの。デオドラントシート

・タオル

・日焼け止め

 

一日のスケジュール(実際)

7:15 出発 千曲市総合観光会館駐車場

受付にはたくさんの人。参加者は県内外から集まっているようです。

最年少は7歳、最高齢は90歳だそうです。(驚)

参加者はおよそ300名、これから善光寺までの30kmを歩きます。

参加賞として、オリジナル笠帽子とコップがもらえました。

牛は最初のスタートではいますが、途中で離脱します。。。。

それでは出発です!

9:00 休憩 千曲橋

滑り出しは順調でしたが、問題発生です。

開始1時間で靴擦れを起こしてしまいました。。。

救護の方にばんそうこうをもらい応急処置。

スタートでもらったコップで水分補給です。冷えていてうまい!

仮説トイレも各休憩ポイントにあるので安心です(混んでますが。。。)

なかにはこんな人も。。。甲冑姿で歩いていました。重そう。。

目立っていたのでテレビ局の取材を受けていました。

9:15 出発

少し休憩したら歩き始めます。

休憩時間短いですが、いまの時点では疲れはありません。

10:15 休憩 篠ノ井橋

気温が上がり始め、喉が渇くようになりました。

動いているせいか、おなかがすき始めました。

おやつ少ししかもっていないので、ガマンです。

 

 

10:25 出発

このあたりから集団が3つぐらいに分かれ始めました。

私は第2グループにいましたが、先頭のペースは早歩きくらいのペース。

とてもついていけません。でもマイペースが一番。

11:15 休憩 新赤坂橋

11:20 出発

5分程度の休憩。あともう少しでお昼です。

 

12:00 お昼 川中島古戦場

お昼は運営団体から支給されます。

今回はおにぎり2つと「あんとろうどん」です。

「あんとろうどん」、初耳ですが、千曲市の名物みたいです。

豚肉、野菜、キノコが入ったねばねばした冷たいうどんで、

ダシがきいていて、とっても美味しかったです!!

 

12:30 出発

おなかを満たし、水分補給して、ゴールに向けて出発です。

牛もいっしょに歩きます。古戦場の出口まで。。。。

午前中は、車の通らない土手沿いを歩きましたが、

午後は国道沿いをひたすら歩きます。

気温が上がってきたのと、喧噪の中を歩くので疲れがどっと出てきます。

歩くペースも心なしか遅くなってきます。

13:45 休憩 エムウェーブ

古戦場~エムウェーブまでが気持ち的一番長かった気がします。

みなさんかなりお疲れの様子、脱落者も何人かでています。

さてもうひと踏ん張り、水分補給してあと少しがんばろう!

 

13:55 出発

歩道橋、善光寺前の坂。。。

後半戦ではこれは「試練」ですね。足にくる。。。

善光寺が見えてきました!!

 

15:15 到着 善光寺

到着!、やりきりました!!!

各自解散となります。

 

自分へのご褒美にアイスクリーム。

左がピスタチオ味、右がキイチゴ味。美味!!

良かったこと

歩ききった達成感と年長者からの学び

なにより30kmを無事に歩ききった!という達成感です。

そして、自分より何十歳も年上のおじさんやおばさんが

自分より早く歩いているのをみて、「負けてられない」と思えたことです。

元気に歩いているおじさんやおばさんの話を聞いたところ、

みなさん普段からウォーキングをしたりマラソンをしたりと身体を日常的に

動かしていることが共通点でした。

日常的に体を動かすことをルーティーンにし、それを楽しんでやること

それが年をとってからも、元気で生活する秘訣かもしれません。

 

首ひんやりスカーフとボディシート

お昼を過ぎたころから、身体が熱く、ほてってきました。

アスファルトからの熱気によって、だんだんぼーとしてきました。

そんなとき、首のひんやりスカーフは効果抜群!

首を冷やすと、体全体がひんやりした気持ちになりました。

ボディーシートは爽快感があり気分のリフレッシュになりました。

後半戦は体力的にも精神的にも疲労がたまってきます。

この2つのアイテムは気分をリフレッシュし、もうひと踏ん張りする

力を与えてくれたので、持っていってよかったと思いました!

 

日焼け止め

日焼け止めをこまめに塗っていたので、あまり日焼けしませんでした。

男なんだから日焼けぐらい気にするなと言われるかもしれません。。。

でも、私の体験上、日焼けをすると激しく体力を消耗します。

私はよく釣りに行くのですが、

日焼け対策をした場合としない場合とでは、疲れ方が全く違います。

日焼け対策をした結果、日差しにさらされながら一日歩いても

想定していたよりも疲れませんでした!

反省

おやつをもう少しもっていけばよかった。

荷物を少なくしようと思い、おやつをあまり持っていきませんでした。

ずっと歩いているわけですから、けっこうおなかが減ります。

ほかの参加者はおせんべいなどをもってきていたので、

私も少しはもっていけばよかったと思いました。

 

ばんそうこうを持っていけばよかった。

開始1時間で靴擦れを起こしました。

ばんそうこうがなかったら痛くて歩けなかったと思います。

これだけ長時間歩くことは普段ありませんから、私に限らず

靴擦れを起こす可能性は十分にあると思います。

ですので、ばんそうこうは持っていたほうがいいです!

 

ペットボトルは一つでよかった。

私は2つペットボトルをもって行きました。

500ml x 2つの合計1リットル。

実際に飲み切ったのは500mlだけです。

休憩ポイントで麦茶をもらえるので、余ってしまったのです。

それとお昼休憩の際も500mlの水が支給されます。

私は飲み物を1リットル分、ゴールまで運んでいたことになります。

何回も参加している方々は、各休憩ポイントで

空のペットボトルに麦茶をいれてもらっていました。

長時間歩くのに荷物は少ないに越したことはありません。

ペットボトルの飲み物は500ml 1本だけでいいと思います!

 

以上が私の「牛にひかれて善光寺参り」の体験談でした。

これから参加しようと思っている人や、

はじめてこのイベントを知った人の手助けになればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です