【簡単!初心者向け】スマホ料金を1/4に節約!格安SIMに乗り換えよう!

今回はスマホ料金を安くする方法を紹介したいと思います。

私はガラケーを使っているころからケータイ料金が高いことに疑問を感じていました。それでもガラケーを使っているころは料金プランに選択肢がありました。たくさん使う人は1万円代、あまり使わない人は2000円台の料金プランを選ぶことができました。

しかし、スマホが主流になってからは通信費は定額制になり、使っても使わなくても毎月少なくとも7000円~10000円払わなくてはいけなくなりました。毎月1万円払うとすると、年で12万円です。それだけあれば、毎年ハワイにいけちゃうかもしれません。

スマホを持ちたい、けど毎月高いお金を支払いたくない。。。そんな世間からすると欲張りとも思える希望をかなえる答えがあるのか?リサーチの結果行きついたのが「格安SIM」という答えでした。

格安SIMという言葉は聞きなれないかもしれません。難しい言葉はよくわからないけど、とにかくスマホ料金を安くしたいと思っている方に役に立てると思うので、この記事を読み進めていただきたいと思っています。

どうやってスマホ料金を1/4にできるのか?

大手キャリア(よくコマーシャルをしているD社、A社、S社の3社)の月々のスマホ料金、ホームーページの料金シュミレーションを使って見積もった結果、スタンダードなプランで約7000円になりました。私は大手キャリアではなく、格安SIMで契約しています。料金は月々1700円です。もちろん普通に電話もできますし、普通にインターネットにつなぐことができています。

電話の音声も問題なし、インターネット接続も問題なしで月のスマホ料金が大手キャリアの1/4になります。それなのに、なぜ多くの人たちは月々7000円も払い続けているのでしょうか?それは格安SIMという存在を知らないか、もしくは変えるすべを知らないからです。

格安SIMというキーワードがスマホ料金を安く抑える上で重要になってきます。格安SIMとはいったい何なのでしょうか?簡単に説明したいと思います。

格安SIMとは

格安SIMとは、大手キャリアのもつ通信設備を借りて提供される通信サービスです。電話やインターネットに接続するためには、データの送受信を行うための通信設備が必要です。通信設備を作るためには莫大な投資と管理費用が発生します。ドコモやauといった大手キャリアが、これらの設備を独自に所有し、管理しています。

これらの通信設備を大手キャリアから借りることで、通信設備の投資と管理費用が発生しないため、料金設定を安くすることができるのです。

また、通信設備を借りることができれば、どんな会社でもサービスを提供することができます。通信とは関係のない会社、たとえばイオンとか楽天などなど様々な企業が参入しているため、価格競争も激しく、競争に負けじと各社がお得な利用料金とサービスを提供しています。

格安SIMのメリット

なんといっても安い利用料金でしょう。さきほどもお話ししましたが、普通に使えるのに月々2000円以内でスマホが利用できるというのは、格安SIMを知らない人にとっては「詐欺じゃない?」とか「そんな安くスマホが使えるはずない!」と疑ってかかるものだと思います。

私が妻に格安SIMを勧めたときも同じでした。私の妻はどちらかというと保守的で、あまり冒険しない、常識から外れたことをしない性分です。なので、格安SIMに大きな抵抗感をもっていました。私は格安SIMにすれば、月に5000円も節約になり、それだけで年6万円の節約になることを説明し、節約した分で旅行に行こうと説得して格安SIMに変えることを了承してもらいました。

実際使ってみての感想を妻に聞いたところ、「電話もインターネットも前と同じようにつながるのに、なんでこんなに料金が安くなるの??むしろ今までなんであんなに払っていたの?」というとても素直な感想でした。

そのあと、周りの人にも格安SIMを紹介し、反響がたくさんありました。格安SIMに変えた人が口をそろえて言うのは「変えてよかった」ということです。

格安SIMのデメリット

格安SIM、いいことばかりではなくデメリットもいくつかあります。でも人によってはデメリットにはならないこともあるので、自分にとって格安SIMにかえることは総合的に考えて得か?損か?を考えて決めればいいと思います。

キャリアのサービスを受けられない

多くの人がドコモ、au、ソフトバンクのどれかで契約をしていると思います。格安SIMにする場合、それらの会社が提供しているサービスを受けられなくなります。具体的には、キャリアメールが使えなくなります。キャリアメールとはxxxxx@docomo.ne.jpなどのメールのことです。

誤解しないでいただきたいのですが、格安SIMにするとメールができなくなるわけではないです。GmailとかYahooメールなどの無料メールサービスを使えば、メール送受信は問題なく行えます。メールアドレスを変更すると理解してもらえればわかりやすいかと思います。GmailとかYahooメールのアドレスを、ほかの人に教えれば以前と同じように連絡をとることができます。

今の時代、メール機能が必ずしも必須ではないように思います。多くの人がLINEをつかって連絡を取り合っていますね。

 

基本的に自己責任

格安SIMの申し込みは、自分自身で行います。大手キャリアのように店舗をもっていないので、申し込みは基本的にはインターネットを通じて行う必要があります。しかし最近は、格安SIMを取り扱っている店が増えてきており、店頭で申し込み&即日開通することも可能になってきました。

私は店頭で申し込みをしました。近くにイオンがあり、そこで格安SIMを扱っていたのです。電話番号は変えたくなかったのでMNP予約番号を発行、本人確認のために免許証を持参し、その場で開通してもらいました。

データ引継ぎも自分で行う必要があります。特に電話帳の引継ぎが重要です。私の場合、SDカードを使って電話帳データ移行を行いました。SDカードに電話帳データを保存して、それを格安SIMの契約後に移し替えるというシンプルな方法です。

 

通信速度が遅くなる場合がある

格安SIMを提供する会社は、通信設備を大手キャリアから借りています。それゆえ、スマホの利用が多い時間帯は、大手キャリア契約の人の通信速度安定が優先されるため、格安SIM利用者の通信速度は若干遅くなってしまう場合があります。

私自身、お昼の時間帯など少しページの読み込みに時間がかかるなと思うときがありますが、時間にして2~3秒ほどです。どちらかというとせっかちな性分ではありますが、このレベルであればまったく問題ありません。むしろ、数秒我慢しただけで利用料金が安く済ませられるのであれば、喜んで格安SIMを選びますね。

オススメの通信会社

IIJ mio

現在私が契約しているのは、IIJ mioという会社が提供する格安SIMです。選んだ理由は、ホームページがわかりやすかったのが一番大きな理由です。格安SIMを色々調べていたのですが、料金プランがたくさんあったり、機能がたくさん説明してあるサイトが多く、逆に何が強みなのかがよくわかりませんでした。

IIJ mioは料金プランがとてもシンプルでわかりやすかったです。機能についても格安SIMの弱点である通信速度を補う機能が備わっていたので、契約を決めました。

 

イオンモバイル

ネームバリューを生かしてイオングループが格安SIMを提供しています。なんといっても、面倒な申し込み手続きがイオンの店頭で行えるということが強みだと思います。60歳になる妻の両親もイオンの店頭に行き、店員さんに説明してもらいながら無事にイオンモバイルに乗り換えることができました。

料金プランの豊富さも売りの一つです。通信容量とそれに応じた料金プランが細かく分かれており、途中でプラン変更も可能なので、月の通信量をみながら自分に最適な料金プランを選ぶことができます。

格安SIMを始める準備

格安SIMに乗り換える前に必要なことは、SIMロック解除です。いきなり難しい言葉がでてきて驚いているかもしれませんが、心配ご無用です。簡単にいってしまえば、ご自身が契約しているケータイショップにいって「SIMロック解除してください」とお願いするだけでOKです。

通常スマホやケータイ電話には個体識別のためのカードが入っています。これはSIMカードと呼ばれています。SIMカードには電話番号が登録されており、電話番号は契約主の名前と結びついています。つまり、このスマホは〇〇さんのだよとわかるようになっているのです。

SIMカードは取り出すことができ、それをほかの端末にいれれば使うことができるのですが、どういうわけか日本のケータイ電話会社で契約した場合は契約した端末以外での使用ができないよう制限されているのです。このことをSIMロックといいます。おそらく端末の契約と利用料の契約をセットでしてほしいというケータイ電話会社の思惑があるのだと思います。

近年、総務省より「日本の通信業界はもっと競争して、利用料金を引き下げるべきだ」というお達しが出ているので、ケータイ電話会社はSIMロック解除に応じるようになっています。SIMロック解除手数料で3000円支払いますが、年6万円節約になると考えれば安いものです。

まとめ

・格安SIMに変えることで大幅な節約が可能!

・申し込みは店頭で行うのが簡単で確実!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です