【スマホ料金節約】格安SIMに乗り換えた私がIIJmioをオススメするわけ

本日は月々のスマホ料金の支払いを安く抑える救世主、オススメの格安SIMについて紹介したいと思います。

みなさんはスマホの契約、どの会社と契約していますか?数年前まではよくCMで耳にする大手3社と契約するしか選択肢がありませんでしたが、最近は「格安SIM」が存在感を増しています。

スマホ料金を安く抑えたい。。。そんな方は格安SIMに変えることを強くおすすめします。格安SIMって何?という方はぜひ下記リンク先をご覧になってください!

【簡単!初心者向け】スマホ料金を1/4に節約!格安SIMに乗り換えよう!

 

でも格安SIMって本当にたくさんの会社が提供しているサービスなんです。格安SIMと検索すると、聞いたことのない会社がたくさんあります。

格安SIMに興味があるけれど、結局どれを選んだらいいのか?

これは誰もが悩んでしまうポイントですね。残念なのは、結局どれを選んだらいいかよくわからないので、格安SIMに変えるのをあきらめてしまうことです。今回は実際に格安SIMを使っている私の立場から、実際格安SIMをつかってよかった「IIJmio」について紹介したいと思います。

 

IIJmioのここがいい!!オススメする理由

料金プランがシンプル

多くの格安SIM会社は、月々の通信量に応じたプランをいくつも用意しています。選択肢を増やすことで、他社と差をつけようという狙いがあると思われますが、それがかえって消費者を悩ませてしまう場合もあります。

2018年11月時点で、IIJmioの基本プランは3つです。シンプルです。

・月に3GBまで使えるミニマムスタートプラン

・月に6GBまで使えるライトスタートプラン

・月に10GBまで使えるファミリーシェアプラン

「音声機能付きSIM」というのが電話もできるしインターネットも使えるプランなので、乗り換えるときはこちらを選びましょう。「データ通信専用SIM」と「SMS機能付きSIM」はデータ通信のみ(=電話はできない)のプランなので注意しましょう。

私は家にいるときはWiFiを使っており、外出時はインターネットで調べものをする程度にしかスマホを使わないので、ミニマムスタートプランを契約しています。それでも毎月3GB使いきれず余ってしまいます。IIJmioでは余った通信量は自動で次の月に繰り越してくれます。

 

「みおふぉんダイヤル」で通話料50%OFF

みおふぉんダイヤルを使えば通話料が50%安くなるのもオススメするポイントです。特別な手続きは不要で、専用アプリをダウンロード(無料)し、アプリをつかって電話をかけるだけで通話料が50%安くなります。相手がIIJmioでなくても通話料が安くなるので、通話料を安く抑えることができます。

 

「クーポンスイッチ」でデータ通信量を節約できる

通信量ごとに料金プランがわかれていますが、この通信量は高速通信するための容量をさします。もう少しわかりやすく言うと、インターネットや動画がストレスなく利用できる容量です。

例えばミニマムスタートプランは高速通信のデータ容量は3GBです。インターネットや動画の利用によって、データ通信が3GBを超えてしまった場合は途端に読み込み速度が遅くなります。この低速通信の下では、動画閲覧などは途切れ途切れになり、とても観れたものではありません。

IIJmioでは高速通信と低速通信を自分で切り替えることができる「クーポンスイッチ」と呼ばれる機能を用意しています。クーポンスイッチはGoogle Playからアプリダウンロードするだけで簡単に使うことができます。

低速通信でも、LINEやインターネット利用などの軽い作業は問題なくできます。動画やゲームなどの重い作業は厳しいですが。。。。

クーポンスイッチひとつで、自分の目的に応じて高速/低速通信を切り替え、高速通信のデータ容量を簡単にコントロールすることができることがオススメするポイントです。

 

iPhoneにも対応

格安SIMの会社によってはうまく動作しない端末もあるようなのですが、IIJmioが提供するSIMカードはiPhoneにも対応しています。iPhoneをアップルストアもしくはインターネット経由で端末のみ別で用意する必要がありますが、IIJmioの格安SIMを使えばiPhoneの月々の通信料を安く抑えることができます。

こんな人におすすめ

・スマホ料金を安くすませたい人

・料金プランを選ぶのが面倒な人

・通信速度が遅くなるのは嫌な人

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です