【簡単&無料で使える】Googleマップこそ最強のカーナビ!

カーナビはドライブや車で旅行に行くときは必須アイテムです。カーナビさえあれば、知らない土地にいっても道に迷いませんし、目的地までの最短ルートを案内してくれます。いまや車にカーナビがついているのは当たり前の時代になりました。(=備え付けカーナビと呼ぶことにします)

でも備え付けカーナビにも弱点があります。古いバージョンを使い続けていると、本来の力を引き出せず、最悪の場合目的地につかないなんてことにもなりかねません。

そこでオススメするのはGoogleマップです。Googleマップには経路案内というナビ機能があり、誰でも無料で使うことができます。私自身、Googleマップが優秀すぎて今では備え付けのカーナビの出番がありません!

このブログでは、Googleマップって何?とかどうやって使うの?という疑問に答えられるような内容をお届けしたいと思います。

備え付けカーナビの弱点

・地図更新が必要
備え付けカーナビには、あらかじめ道路情報がインストールされています。しかし、新しい道路が作られたりして道路事情が変わったとしても、最新の道路情報は反映されません。最新の道路情報を反映させるためには、地図更新ソフトを購入し、備え付けカーナビにインストールする必要があります。費用は2万円くらいです。
最新の道路情報を有料で入手しなければならないこと、手動で更新しなければならないことが備え付けカーナビの弱点のひとつです。

・購入費用が高い
備え付けカーナビは車を買うときにオプションでつけることができます。機能によって価格はさまざまですが、安いものでも10万円くらいします。数年したら道路事情も変わりますので、購入時の地図情報はすぐに古くなってしまいます。10万円ナビにかかる費用を節約できれば、他のオプション購入にあてることだってできます。
備え付けナビの価格は高価ということが、弱点のひとつです。

Googleマップとは?

Googleマップは無料で使える地図アプリです。検索エンジン大手のGoogleが提供しており、インターネットさえつながれば、誰でも使うことができます。無料アプリというと広告がつきものですが、Googleマップはわずらわしい広告表示がなく、とてもシンプルでわかりやすい地図アプリです。

利点

・無料で使える
前の項でも触れましたが、Googleマップは無料で使うことができる地図アプリです。備え付けカーナビは、地図情報が入った本体を購入する必要がありますが、Googleマップはスマホやタブレットなどの端末とインターネットにつながる環境があれば、無料で利用可能です。

・簡単に使える
ナビの使い方がとても簡単です。現在地と目的地をいれるだけで目的地まで音声案内をしてくれます。分岐点等では、どちらにすすんだらいいかを事前にナビしてくれますし、目的地までの所要時間も表示してくれます。ナビとしての必要最低限の機能を備えているので、備え付けカーナビと機能面で劣っていることはありません。

・最新の地図情報を反映
Googleマップは、最新の地図情報を絶えず更新し続けています。そのため新しい道路ができたり、古い道路がなくなったりした場合は、その変化をとらえ、新しい地図情報に書き換えているのです。そのため、備え付けカーナビのように自力で地図情報の更新をする必要がなく、常に最新の地図情報を使うことができるのです。

・渋滞回避能力に優れている
私の経験から、Googleマップは渋滞に巻き込まれないよう臨機応変に道案内をしてくれると感じています。

以前、車で旅行にでかけたときGoogleマップのナビに従って目的地を目指しました。その時は長期連休でどこも混雑するシーズンでした。高速道路を使って順調に目的地まで進んでいたのですが、Googleマップが高速道路を降りるよう指示してきたのです。目的地まではまだまだ距離があったので、なぜここで高速を降りる必要があるのか疑問に思いながらもGoogleマップの指示に従いました。

高速を降りてしばらく走っていて、ふと高速道路のほうをみると車が団子のようにつながっていました。渋滞情報を確認するとこの先30kmも渋滞していると情報が入ってきました。Googleマップは渋滞を検知していて、すぐさま別ルートでの案内に切り替えたのです。おかげで長期連休中の混雑の中でも渋滞に一度も巻き込まれることなく、時間通りに目的地に着くことができました。

大切なこと

・ナビの案内に素直に従う
目的地まで最短で到着するためには、ナビの案内に素直に従うことが大切です。私もそうですが、運転しているとたまにナビの案内が信じられず、自分の直感を信じて勝手にルートを変えてしまうことがあります。

例えば、目的地は明らかに北なのにナビは反対側の南に進めといっている。こういうときに、ナビの案内に従わず北に向かってしまう場合です。私も何度かこうしたケースに遭遇し、ナビの案内を無視した結果、たくさん後悔してきました。

上記のケースの場合、北の方面が何らかの理由で渋滞していることが考えられ、いったん南に進んで回り道をして渋滞を回避し、目的地に向かおうとしている可能性が高いです。

Googleマップを使う際は、素直になりましょう。疑い深い人は「Googleマップのいうことは常に正しい」ぐらい極端に考えてしまってもいいと思います。私は素直にGoogleマップの案内に従うようになってから、後悔したことは一度もありません。

便利機能を使おう

・自宅に帰る
Googleマップに自宅の住所を登録しておけば、旅先から自宅に帰るときに、ワンタッチで自宅を目的地に設定することができます。とても簡単に設定できます。この自宅に買える機能、意外と使う機会が多いので設定しておいて損はないと思います。

・有料道路を使わない
最初の設定だと、あらゆる道の中から最短ルートを案内する設定になっています。極端な話をすると有料道路をつかったほうが一般道を使うより1分早くつくようであれば、有料道路を使うルートで案内されてしまいます。

有料道路は避けて最短ルートを案内してほしいというときに役に立つのが、「有料道路を使わない」という指定です。Googleマップの経路オプションから選択できるので、その時の状況によって使い分けるといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です