【やらなきゃ損】ふるさと納税したら、節税&返礼品ゲットでかなりお得だった!

ここ最近ニュースでふるさと納税が話題になっていますが、みなさんはふるさと納税をしたことがありますか?自分が選んだ市町村に納税する代わりに返礼品が届くもので、最近は私の周りでもふるさと納税をしたという人が多くなってきました。

数年前から気にはなっていたのですが、なかなか始められずにいました。いちばんの理由は、手続きとかちょっと面倒くさそうという思いがあったからです。今年は実際にふるさと納税をした人たちに話を聞いたところ、口々に「簡単だよ」と言っていたので、今年こそ!と私もふるさと納税をやってみることにしました。

このブログでは、以下のような疑問をかかえていて、足踏みしてしまっている人の背中を後押しするような内容で書きたいと思います。

・「なんか手続きがめんどくさそう」

・「お金払って返礼品もらうから、買い物したのと変わらないんじゃない?」

・「ふるさと納税の方法がわからない」

ふるさと納税ってなに?

「ふるさと納税」とは、自分が応援したいと思う自治体に寄付ができる仕組みです。寄付をすることで、その自治体は税収が増えます。一方で、ふるさと納税を行った人には、地域の特産品・名産品がお礼の品として貰え、税金も控除されます。このように自治体と納税者双方にとってメリットのある制度で、多くの人が利用しています。

何がお得なのか?

納税するかわりに返礼品がもらえること

返礼品は納税額によってさまざまです。自分が選んだ市町村に納税する代わりに返礼品を受け取ることができます。納税というと難しいことのように聞こえますが、イメージとしてはお金を市町村に支払い、代わりに商品が届くような感覚です。

返礼品は市町村によって異なり、さまざまな種類の返礼品があります。有名なのは肉や魚や果物などの食品関係です。ほかにも清涼飲料水やビール、アウトドア用品など魅力的なものが多数あります。

税金が控除されること

私たちは所得税や住民税を納めています。給与明細をみれば、毎月それらを納めていることがわかると思います。ふるさと納税を行うと所得税や住民税の一部控除を受けられます。控除を受けられる上限金額は年収によって決まっていて、上限金額内であればふるさと納税をおこなった合計金額から2,000円を差し引いた分を所得税や住民税から控除をうけることができます。

控除金額シュミレーション

税金とか控除とか難しい単語を出しましたが、簡単にいうと今まで納めていた税金が安くなり、実質負担2,000円でお得な返礼品を受け取れるということです。

申し込みはとても簡単!

ふるさと納税専用サイトから安心申し込み

ふるさと納税を取り扱っているサイトを通じて手続きを行います。最近ふるさと納税を狙った詐欺サイトなどが作られるようになり、これから始める人は少し不安があると思います。私は素人ですので、安心と信頼の楽天のふるさと納税サイトから申し込みをしました!ここから申し込めば、楽天ポイントも貯まるので2倍おいしいです。

楽天ふるさと納税

「ワンストップ申請」で簡単手続き完了

税金の控除を受けるためには、確定申告もしくはワンストップ申請が必要です。どちらを選べばいいかというと、よほどの事情がない限りワンストップ申請でOKです。ワンストップ申請をするには条件があります。

条件1 もともと確定申告をする必要のない給与所得者等であること

これは年収2000万円を超える所得者でないこと、そのほか確定申告が必要ではない人ということです。普通にサラリーマンをしている人は、年収2000万円を超えることはないと思いますし、会社が確定申告を代わりにしてくれているのでワンストップ申請の対象です。

条件2 1年間の寄付先が5自治体以下であること

1つの自治体に複数寄付をしていても、1自治体としかカウントされませんので、たくさんふるさと納税を行う人は同じ自治体に複数回寄付するのもありだと思います。異なる自治体で5つまでということですね。

ワンストップ申請に必要なのは

・自治体から送られてくる/ダウンロードしたワンストップ申請書

・身分証明書コピー

・個人番号(マイナンバー)カードのコピー

下のイメージはワンストップ申請書です。楽天で申し込んだときは後日ワンストップ申請書が寄付をした自治体から送られてきました。氏名や生年月日などはすでに記入されており、私が記入するところは赤丸で示した項目だけでした。(個人情報出すわけにはいきませんので、まっさらな申請書を使って説明しています)

私はが迷ったのは「2.申告の特例の適用に関する事項」です。いろいろ書いてあるけれど結局2つともチェックしていいのかということです。結論チェックしてOKです。ワンストップ申請の対象者かどうかのチェックなので先に書いた条件2つを満たしていればOKです。

申請書を記入し、必要書類(身分証明書コピー&マイナンバーのコピー)を同封しポストに投函して手続き完了です!とっても簡単です。後日ふるさと納税の返礼品が届きましたら内容をお伝えしたいと思います。

いままでただ税金を払っていたものが、ふるさと納税することで返礼品を受け取ることができるようになります。損することはありませんし、とても簡単なので興味を持っていただけた方は是非挑戦してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です