【アウトドア派必見】極暖おすすめダウンジャケット!

こんにちは。みなさんは寒い冬、アウターは何を着ていますか?価格、機能性、ファッション性、何を重視するかで選択肢は無数にありますよね。これから新たに購入しようとすると、選択肢の多さに迷ってしまうかもしれません。

機能性、とくに暖かさを重視するとすればダウンジャケットを強くオススメします。なぜなら私自身、ダウンジャケットを購入して、その保温力の高さに満足しているからです。ダウンジャケットってこんなに暖かいの?と驚きを隠せません。

私は性格上、さくっと買い物をすることができない性分で「これだ!」と納得のいくものをとことん探しました。ネットでみたり、実際のものを見るためにアウトレットやお店を回りに回り、何十人もの店員さんに話を聞いてやっと納得いくものに出会い、購入に至りました。その中で得た知識やオススメなどをシェアしたいと思います。冬のアウター選びの参考にしてもらえればと思います。

ダウンジャケットを冬のアウターに選んだ理由

ダウンジャケットといえば、冬のアウターの定番です。中身が綿なのにダウンジャケットをうたっている商品がありますが、これはそれほど保温性にすぐれていませんが、1万円くらいの比較的リーズナブルな価格で手に入れることができます。。羽毛が入っているものは、保温性が高いですが値段も上がります。

ジャケットみたいなものだと首元が寒いですし、風が吹いたときにより寒さを感じます。ダウンジャケットなら雪がふっても、風が吹いてもその保温力の高さで体が冷えるのを防げるので、冬のアウターとしてダウンジャケットを選びました。

高級ダウンジャケットにした理由

普段は服にあまりお金をかけません。アウターなら出せても1万5000円くらいです。そんな私が今回最終的に購入したのは4万円の高級ダウンジャケットと呼ばれる価格帯のものです。大判振る舞いしたのは2つの理由があります。

1つ目は「いいものを買って長く使う」という考えからです。安いものの性能はそれなりですし、安いものはたいてい大切に扱いません。「どうせ安く買ったから多少乱暴に扱ってもいいや」という具合で、壊れたらまた買いなおせばいいやという具合です。結局安いものを短いスパンで買い替えていくのと、高いものを一つ買って長く使い続けるのでは長い目で見てコスト的には一緒だと思っています。

2つ目は「機能性を重視」したからです。高いダウンジャケットは保温性がまるで違います。私は1万円以内で買ったダウンジャケットをもっているのですが、高級ダウンと比較すると保温性がまるで違います。また高級ダウンジャケットの中には保温性能とあわせて防水機能や透湿機能(汗などからくる湿気は外に逃がす機能)をそなえているものがあります。

こうしたマルチな機能があると、雪や雨など天候変化にもダウンジャケット1着で対応することができます。

イチ押し!NANGA(ナンガ)オーロラダウンジャケット

高級ダウンは今や多くのメーカーから出ています。有名どころでいくとカナダグース、ノースフェイス、コロンビア、アークティックエクスプローラーなどなど。実際に店舗をいくつか回ってこれらのメーカーのダウンジャケットも試着した結果、最終的にはNANGAのオーロラダウンジャケットを購入しました。そのオススメのポイントを紹介したいと思います。

出典:楽天

NANGAってどんなメーカー?

NANGAはシュラフ(寝袋)やジャケット・パンツなどの登山用アパレルを生産しているメーカーです。羽毛と縫製技術が強みのメーカーで、どの商品も暖かさと軽さを売りにしています。国内工場で作っており、安心と信頼のメイドインジャパンブランドのアウトドアメーカーです。

オススメその①「抜群の保温性能と防水機能」

購入後にさっそく着てみました。私の住んでいるところはダウンジャケットの暖かさを実証するのにベストな条件です。なぜなら雪国だからです!この日の気温は最高気温が1℃でした。地面から冷気が絶えず伝わってくるような一日でした。

実はダウンジャケットを購入することにしたのは、アウターの下はなるべく薄着でいたいという思いがあったというのもあります。冬は厚着をしがちですが、厚着をと首や肩が凝りやすくなります。なのでアウターは極暖、その下はシャツ一枚くらいが私の理想です。

オーロラダウンジャケットは驚くほど暖かいです。その秘密は風を通さない構造にあります。まず、外から見るとダウンジャケットなのに縫い目がありません。

ダウンジャケットというとミシュランみたいな外見を予想してしまいますが、だいぶ印象が違うと思います。ダウンが入っていないんじゃない?と思いますが、内部にフカフカのダウンがはいっているのです。

暖かさの秘密は、ジッパー部分にもあります。こちらは止水ジッパーになっており、雨がふっても水を通さない構造になっています。これが風を通さない秘密にもなるわけです。

暖かさの秘密で意外な効果に驚いたのが、帽子の位置です。帽子はやや立ち気味のデザインになっています。こうすることで後ろからの風や首元に回り込んでくる風がシャットダウンされるため首元は冷えず、どんなに風がふいてもマフラーいらずです。

オススメその②「外観はスリム、着られている感ゼロ」

私は身長167cm、体重60kgです。着た感じが下記のようになります。普通のダウンジャケットだと身長があまりないせいか、上半身が着ぶくれしてしまい、まるで「子供がお父さんの服をきている」みたいな感じになっていました。オーロラダウンジャケットは外に縫い目がないせいか、スリムにみえます。見た目では生地自体が薄いようにみえますが、それがこのダウンのすごいところです。この写真を撮っている間も冷たい風と下からの冷気が上がっていましたが、私はまったく寒くありませんでした。

オススメその③「周囲と被りにくい」

これはNANGAというブランドが一般には知られていないことがあります。もともとキャンプや登山で使うシュラフ(寝袋)を作るメーカーで、その手の分野では超有名ブランドかつ高品質です。アウトドア分野で培った技術を惜しみなく使ったのがオーロラダウンジャケットです。同じアウトドアブランドのノースフェイスやパタゴニアは着ている人が多いので、人と被るのはイヤ!という人にはオススメしたいブランドです。

まとめ

冬のアウターにオススメのNANGA(ナンガ)オーロラダウンジャケットをご紹介してきました。普段はあまり服を使わないのですが、今回思い切ってお金を出してよかったと思います。私が住んでいる雪国でも十分すぎるほど通用するダウンジャケットです。「今のアウターが寒い」「厚着しすぎて疲れる」とお悩みの方はぜひ候補の一つとして考えてもらえればと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です