【おすすめ】充電式ホットアイマスクで目の疲れを解消!

こんにちは。今回は充電式のホットアイマスクを紹介したいと思います。ブログに書こうと思ったのは、仕事上パソコン作業が多く目の疲れに悩まされてきたことがきっかけです。一日中パソコンで作業をしているので毎日のように目が疲れます。

いまやパソコンを使わない仕事はないくらいパソコンはビジネスの必須ツールになっていると思います。それゆえ目の疲れに悩まされている人も多いのではないかと思っています。

今回はそんな目の疲れに最適なホットアイマスクを紹介したいと思います!

このブログを読んでほしい読者

  • パソコン仕事などで目の疲れに悩まされている人
  • 目の疲れから肩こりや頭痛も引き起こしてしまっている人
  • 目の疲れをリフレッシュしたい人
  • ホットタオル意外に手軽に目を温められる方法を知りたい人

得られること

  • 手軽に目を温められるアイマスクがあることがわかる
  • 充電式ホットアイマスクとは何かわかる

ブログの信頼性

  • 私自身、パソコン作業が多いため、毎日目が疲れている
  • 目が疲れることでおこるつらい症状を経験している
  • 目の疲れには温めることが最適なことを経験的に理解している
  • 経験からホットアイマスクに求める機能を説明できる

現代人の目は疲れている!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は matthew-t-rader-bZbd02TN9t0-unsplash-1024x681.jpg です

パソコンやスマホのない生活、想像したことがありますか?

いまや仕事やプライベートでもパソコンやスマホは欠かせない存在になっていると思います。。朝はスマホの目覚ましで起きて、通勤時間はスマホで時間をつぶし、日中はパソコンで作業、夜はスマホで動画をみたり、調べものをしたり。。。。

そんな1日を365日続けているわけで、目は休まるときがありません。長時間スマホやパソコン作業をしていると目の奥が痛くなったり、ひどいときには肩こりや頭痛がしたりすることがあります。

残業が続いたときには、目の疲労がピーク、夜には「自分の目はどこにいってしまったのか」と探してしまうほど、ほそーくなってしまった経験がある方も多いかと思います。

人間は週休2日ですが、私たちの目は休みなく働いています。両目に「毎日休まずにお疲れさま」と言ってあげたいですね。でも、いくら目に「ありがとう」といっても、当然ですが目の疲労はなくなりません。

疲れたら目をケアし、十分な休息をとって疲労を取り除くことが大切です。

目の疲れをいやす方法

私の場合、「目の奥が痛い」とか「目をつかまれている感覚」というのが目の疲れのピークだと思っています。 そんな場合、目の疲れをとるのには目を温めることが大切です。なぜなら眼精疲労は目の筋肉の緊張によって引き起こされ、あたためることでその緊張をほぐすことができるからです。

便利なのが蒸しタオルで目を温めることです。タオルと電子レンジがある環境であれば問題ないのですが、いつもその恵まれた環境にいるとは限りませんよね。。。

場所を選ばず、目を温めることができる方法。。。それが今回紹介する便利アイテムです。

ホットアイマスクは目の疲れをいやす便利なアイテム

「ホットアイマスク」というものがあるのを聞いたことがあるでしょうか?その名のとおり目を温めてくれるアイマスクのことです。このホットアイマスク、2つ種類があって、それぞれ特徴がります。

  • 使い捨てタイプ
  • 充電式タイプ

まずは使い捨てタイプについてです。こちらは値段も安く、ホットアイマスクを試してみようかなと思っている人にはぴったりのホットアイマスクです。CMでもおなじみの花王めぐりズムが有名です。(私の知る限り、これしかないと思います。。)

めぐりズム蒸気でホットアイマスク ラベンダー 12枚入

私も使った経験があるのですが、じわじわと暖かくなってきます。熱いという感覚はなく、ちょうどよい温かさです。アロマが配合されているのか、温かさとともに香りでも癒されます。もちろん使った後は目がすっきりしました!

使い捨てタイプなので、終わったらゴミ箱にぽいっで処分が楽なところも使い捨てタイプのいいところです。

次に充電式タイプです。充電式なので繰り返し使えるのが最大のメリットです。ホットアイマスクの快適さを経験済みで、「これは毎日使いたい」という方には充電式タイプのほうがおすすめです。

BESTUR ホットアイマスク USB電熱式

マイトレックス USB式ホットアイマスク

なぜかというと、使い捨てタイプよりもコスパがいいからです。使い捨てタイプの場合、ざっくり計算で一枚80円ほど。毎日使うと1か月で2,400円です。

充電式タイプは安いものだと2,000円ちょっとで購入できるので、1か月で元が取れる計算になります。使い捨てタイプだと「目が疲れているのにホットアイマスクをすべて使い切ってしまって無い。。」という悲しい状況はあり得ますが、充電式タイプであれば繰り返し使えるので、そういった心配はないですね。

毎日癒されたいという人には充電式タイプがおすすめです。

充電式ホットアイマスクの便利なところ

  • 充電式なので繰り返し使える
  • 温かさが持続する
  • 持ち運びができて電源あればどこでも使える

充電式ホットアイマスクが何なのかわかったと思いますが、ここで「どんなことが便利なのか?」を紹介したいと思います。

まず1つ目は充電式なので繰り返し使えることです。ホットアイマスクでたまに癒されたい人や疲れたときにだけ使いたい人は、使い捨てタイプでもいいかもしれません。仕事柄パソコン作業が多い人やついついスマホを見続けてしまう人など毎日の生活の中で目の疲労が蓄積しやすい人には充電式タイプのほうがコスパがいいと思います。

2つ目は温かさがずっと続くということです。さきほどホットタオルでも目を温めて目の疲れを回復するという話をしましたが、ホットタオルだと時間がたつと冷えてしまいます。

私も経験があるのですが、目がじんわり温まってきて気持ちよくなってきたころに、タオルが冷えてきます。「もう少し温かさがほしいな」という気持ちになり、もう一度タオルを温めなおさなければならないのが面倒なのです。

充電式であれば温かさがずっと続くので温めなおしの作業がいりません。目が温かくなり、だんだん目の痛みが取れていくのを感じながら眠ってしまうこともできますね。

3つ目は持ち運びに便利で外出先でも使えることです。充電式なので電源がとれればどこでも使うことができます。ホットアイマスク本体とACアダプターさえもっていけばOKです。本体の重量が50gほどの軽量はホットアイマスクもでているので、持ち運びに便利です。

目の疲れというのは場所を問いません。だからこそ、家だけでなくオフィスや出張先でも使える充電式タイプは便利です。

たとえば、お昼休みの10分間にホットアイマスクを使うだけで目のリフレッシュになります。また出張が多い人は、移動中に着けることで体を休めるのと同時に目の疲れをとることができます。

まとめ

光を遮るアイマスクはよく知られていますが、ホットアイマスクはあまりよく知られていないかもしれません。通常のアイマスクに加えて目を温める機能があるのがホットアイマスクです。

仕事上パソコン作業が多かったり、スマホを使う時間が長い人は目の疲れが蓄積しやすいと思います。「目が痛い」とか「少しピントがぼやける」といった方は目が疲れている可能性が高いです。

目の疲れをいやすには目を温めることが大切です。充電式ホットアイマスクを使えば手軽に目を温めることができ、疲労回復に一役買ってくれることでしょう。

  • 目の疲れは目を温めることで改善される
  • ホットアイマスクは使い捨てタイプと充電式タイプがある
  • 使い捨てタイプは入門者にオススメ(手軽さ)
  • 充電式タイプは毎日目の疲れをいやしたい人にオススメ(コスパいい)

ネットでの口コミと性能をみていいなと思ったものをいくつか挙げておきたいと思います。下にリンクを貼っておきますのでよかったら見てみてください。

BESTUR ホットアイマスク

マイトレックス USB式ホットアイマスク