【初心者向け】機種変更するときのデータ引き継ぎ方法とは?

こんにちは。今回はスマートフォンを機種変更するときの各種データの引継ぎ方法について紹介したいと思います。

スマホの機種変更で一番怖いのは「元の端末データが消えてしまうこと」です。でもデータ引継ぎ/移行を自力でやるのは難しそう。。。と思ってしまいます。私も最初はそうでした。データ引継ぎ用のアプリとか紹介されていたりして、なおさら「難しそう」「めんどくさそう」と抵抗感があるかもしれません。

でも、要点をおさえれば、自分で簡単にデータの引継ぎができます。データ引継ぎ用のアプリは必要ありません。

私自身、なにもわからないところからデータ引継ぎの方法を調べ、自分でデータ移行することができました。その経験を生かして、スマホに詳しくなくても簡単にデータ引継ぎする方法を紹介したいと思います。

スマホを機種変更するときに不安なこと

スマホの機種変更するときに一番不安なのことは何でしょうか?私は数年前に機種変更をしました。データ移行を自分でやったのですが、不安なことは以下のようなことでした。

  • 電話帳が消えてしまうこと
  • 写真データが消えてしまうこと
  • LINEの連絡先や購入したスタンプが消えてしまうこと
  • フェイスブックやインスタグラムなどのSNSのデータが消えてしまうこと
  • ゲームのデータが消えてしまうこと

機種変更して新しいスマホになってうれしい!さあ使い始めようとおもったとき、これらのデータがすべてなくなってしまっていたら。。。想像するととても恐ろしくなります。

でも要点をおさえれば、簡単で安全にデータの引継ぎを行うことができるので大丈夫です。

機種変更するときに必要なこと

結論からいってしまいますが、この2つを確認することが必要です。

  • SIMサイズを確認する
  • 引き継ぎたいデータを確認する

SIMサイズ?データ?何のことかわからない。。。という方も大丈夫です。専門的な用語を使うとわからなくなってしまうと思うので、なるべく簡単に説明したいと思います。

SIMカードサイズを確認する

SIMカードとは身分証明書みたいなものです。SIMカードには電話番号や契約者の情報が入っています。身分がはっきりしているからこそ、通信業者からインターネットにつなぐことを許されるのです。

SIMカードには主に3種類のサイズがあります。端末によって違うので自分の端末でつかえるサイズがどれなのか?調べる必要があります。

検索方法ですが、たとえばiphoneを使っている人であれば、「iPhone SIMカードサイズ」と検索すればSIMカードサイズがわかります。ちなみにiPhone 5以降であれば「nano SIM」というサイズのSIMカードです。

モバレコより引用

引き継ぎたいデータを確認する

これは古い端末から新しい端末に移したいデータを確認する作業です。ゲームのデータやアプリなどがそれにあたります。どのアプリを残して、どのアプリを消すのかを一度書き出してみるいいです。

人によって使っているアプリは違うと思いますが、主に使っているのはけっこう共通点があるのかなと思っています。私が想像するに、以下のアプリは一般的に使用頻度が高いのかなと。

  • LINE
  • 電話帳
  • Facebook
  • Instagram

これらのデータ移行を簡単に行う方法を紹介したいと思います。

データの引継ぎ方法

さきほど挙げたメインアプリ、実は引継ぎが必要ないものもあるんです。まとめてしまうとこんな感じです。

  • LINE連絡先の引継ぎ:メールアドレスの登録 or Facebookとの連携必要
  • 電話帳データ引継ぎ:Googleアカウントを使って電話帳データ移行
  • ゲームデータ引継ぎ:ゲーム内設定で機種変手続き
  • Facebook:データ引継ぎ必要なし(機種変更してもデータ消えない)
  • Instagram:データ引継ぎ必要なし (機種変更してもデータ消えない)

これをみて理解した方はこの後読み進めなくてもOKです!具体的なデータ移行の仕方を知りたい人のために、この後一つ一つ説明していこうと思います。

(ゲームデータの引継ぎ方法は個々のゲームアプリ内の設定でできるようです。ここでは説明を省きます。)

LINE連絡先の引継ぎ方法

LINEアプリに自分の情報を登録することが必要です。これをおこなうことで端末を変えてもLINEの連絡先情報は引き継がれます。手順は2ステップです。

  • ステップ1:LINE設定画面で、電話番号、メールアドレス、パスワード登録
  • ステップ2:アカウント引継ぎ設定

これらの設定は必ず いま使っているスマホ(移行前の端末)で行ってください。 間違って新しいスマホでLINEの設定を行ってしまうと、データがうまく引き継げないので十分注意してください。

まずStep1です。

「いま使っているスマホ」をつかって「電話番号」「メールアドレス」「パスワード」を登録しましょう。こうすることでLINEにあなたの情報が登録されます。LINEの設定画面から3つの情報を登録します。

つまり登録した情報(電話番号、メールアドレス、パスワード)が個人を特定する証明書となるので、端末をかえてもデータが引き継がれるのです。

LINE公式ブログより引用

Step1が終わったら次はStep2です。これもいま使っているスマホ(移行前の端末)で行ってください。LINEの設定画面から行います。

LINE公式ブログより引用

これでLINE連絡先の引継ぎは完了です。

このあと新しい端末でLINEアプリをインストール、ログインすれば連絡先そのままでLINEを使うことができます。

Googleアカウントでの電話帳データ移行方法

電話帳データの引継ぎにはGoogleアカウントを使ったデータ移行が便利です。Googleアカウントはどなたでも無料で登録可能です。

Googleアカウントを使った電話帳データ移行、メリットは。。。。

  • 一度設定してしまえば、次回スマホの機種変更をするときも自動で電話帳データが引継がれる
  • 端末が壊れたり紛失しても、電話帳データが消えない(クラウド上にデータがバックアップされるため)

私自身、スマホを水没させてしまった経験があるのですが、Googleアカウントで電話帳を管理していたので端末が壊れただけで、データは無事でした。

電話帳のデータが消えてしまうと、遠く離れた友人との連絡手段がなくなってしまいますし、何年もかけて積み上げた連絡先が一瞬にして消えるという悲劇にみまわれます。

そのリスクがなくなるというのは一番のメリットではないかと思います。

それではGoogleアカウントをつかった電話帳移行の手順を紹介します。次の3Stepで電話帳の移行は完了です。

  • Step1: Googleアカウントを取得する(すでに取得済みの人はOK)
  • Step2:(データ移行元端末で)Googleアカウントに連絡先を同期するをONに!
  • Step3:(データ移行先端末で)「連絡先を同期」をONに!

Step1: Googleアカウントを取得する

Googleアカウントというのは一種のIDです。GoogleにID登録することでGoogleが提供するさまざまなサービスを無料でつかうことができます。(たとえばGmailやYoutubeなど)

まだGoogleアカウントを持ってない人は、 Googleアカウントの作成フォーム にアクセスし、その手順に従って進めればOKです。(詳しい手順は省きますが、リンク貼っておきます。)

「Googleアカウントをもっているかどうかわからない」という方、判断の方法は簡単です。○○〇gmail.comというメールアドレスをもっているか、もっていないかです。Googleアカウントをもっていれば、Gmailのアドレスが付与されるのでメールアドレスを持っているかどうか、思い出してみてください。

Step2:(データ移行元端末で)Googleアカウントに連絡先を同期するをONに!

次にGoogleアカウントに電話帳の連絡先を同期します。言い換えると、端末に入っている電話帳データをGoogleアカウントにコピーするということです。この作業はデータ移行元の端末(いま使っている端末)で行います。

具体的にアンドロイド>>>iPhoneに機種変更するときを例にやってみます。

まずはアンドロイド端末(移行元)で連絡先同期の設定をします。ソニーのエクスペリアを例にやってみますが、端末によって画面が少し違うかもしれません。でも基本的な手順は一緒です。

まず「設定」>>>「ユーザーとアカウント」に進みます。

「Google」のアイコンをクリック>>>「アカウントの同期」をクリックします。

「連絡先」を画面のようにONの状態にしたら設定完了です。


Step3:(データ移行先端末で)「連絡先を同期」をONに!

次は移行先のiPhone側で設定を行いましょう。

「設定」>>>「パスワードとアカウント」>>>「アカウントを追加」と進んでいきます。

「Google」をクリック、Googleのメールアドレスとパスワードを入力します。無事に認証されるとGmailの連絡先が出てくるのでONの状態にします。

これで電話帳のデータ移行が完了しました。新しい端末でも今まで使っていた電話帳データを使うことができます。