【初心者向け】海のルアー釣りの始め方、道具リスト7選

今回は海のルアー釣りに関する記事を書こうと思います。海のルアー釣り、、、岸から大物を狙うことができることが何よりの醍醐味です。突き詰めれば奥が深いのですが、投げて普通に巻いてくれば初心者でも大物を釣ることができます。

そしてルアー釣りはエサをつけたり、仕掛けを作る手間がないので初心者でも始めやすい釣りです。

私は10年前に海のルアー釣りを独学ではじめました。試行錯誤をしながらも、いまでは80cmを超える大物を岸から釣ることができるようになりました。

自分が海のルアー釣りを始めた初心者だったころ、何を選んだらいいのかよくわからず困った経験がありました。道具選びに神経を使い過ぎて、準備が整わずになかなか釣りに行けないという本末転倒な状況でした。

いまであれば、10年前の自分に「この7つの道具をそろえれば心配ないよ」とアドバイスすることができるのになぁと思っています。

ということで、初心者が海のルアー釣りを始めるのに「これさえあればとりあえずOK」といえる道具を7つ厳選したので紹介します。

このブログを読んでほしい人

  • 海でルアー釣りをやりたいのだけれど、何を持っていけばいいのかわからない人
  • 過去に海でルアー釣りをした経験があって、少しはまってしまったかも!ルアー釣りの道具をそろえて、少し本格的にやろうかなと考えている人
  • ルアー釣りの道具を一通りそろえようと思っていろいろ調べ始めたのだけれど、「あれもこれも」と結局どれが本当に必要なのか考えすぎてわからなくなってしまった人

結論:海のルアー釣りに最低限必要な道具は7つでOK

海でルアー釣りを始めるのに必要な道具はこの7つでOKです。持っていたら便利なアイテムはこのほかにもいろいろあるのですが、入門編としてはこれだけあれば必要十分です。

  • ロッド(=釣りざお)
  • リール
  • ライン(=釣り糸)
  • ルアー
  • ペンチ
  • 手袋
  • ナイフ

この7つの道具を選んだ理由を説明していきたいと思います。

理由①:より遠くにルアーを飛ばす必要あり

基本的に水深が浅いところに魚は少ないです。浅いところだと鳥などの外敵から身を隠す場所が少ないですし、大型魚のえさになる小魚の回遊が少ないからです。

基本的に水深が浅いところに魚は少ないです。浅いところだと鳥などの外敵から身を隠す場所が少ないですし、大型魚のえさになる小魚の回遊が少ないからです。

海水浴にいっても大型魚に遭遇したなんていう経験、あまりないですよね。。。海水浴場は水深の浅い場所に作られている場合が多いですから。。。。

岸から遠くなっていくほど水深は深くなります。水深が深くなれば地形の変化もでてきて、魚の隠れ家になる場所が増えてくる。隠れ家のある場所に小魚は集まりやすくなるので、それを追って大型魚もあつまってきます。

つまり、より遠くにルアーを飛ばすことができれば、大型魚をヒットさせる確率が高くなるのです。

ルアーをより遠くに飛ばすために、ロッド、リール、ライン選びが重要です。

ロッドとリールはルアーフィッシング用のものを購入すればOKです。

(*後日、別記事で紹介予定*)

ラインはPEライン一択です。繊細なライン特性なので扱いには少し注意が必要ですが、きちんと扱えば飛距離抜群!ダイレクトに釣果につながります。

(*後日、別記事で紹介予定です。*)

理由②:ケガを防ぐため

ルアー釣りに限らず、釣り針は鋭いので注意が必要です。特にルアー釣りは、大型の魚を狙う場合が多く、釣り上げたとしても暴れる場合がほとんどです。注意しないと、針を外しているときに魚が暴れて針が指に刺さったなんてことも起こりえます。

またルアー釣りで狙う魚は比較的大型なため、ヒレや口が鋭い場合が多いです。

狙っている魚とは別の魚が釣れる場合もあり、それはルアー釣りの醍醐味でもあるのですが、オコゼなどの毒をもった魚が釣れることもあります。

なので、基本的には魚を素手でさわるのは危険と考えたほうがいいと思います。

ケガを防ぐためには手袋を着用することと、魚の針を外すとき用にペンチををもっていくことをおすすめします。

ペンチはホームセンターで300円くらいで売っている小型のものでOKです。

手袋は背抜きタイプのものがおすすめです。背抜きとは、手のひらはゴムでできていて、手の甲は通気性がいい素材でできています。蒸れないので快適です。

理由③:釣れた魚を新鮮に持ち帰るため。

釣った魚はできる限り新鮮な状態で持ち帰りたいですね。そのためには魚を〆る(シメル)必要があります。

魚を〆るというのは、血抜きをおこなうことです。

魚が死ぬとそれまで体中をめぐっていた血が流れなくなります。そして時間とともに血が固まります。これが血なまぐささの原因です。

刺身を食べたときにに、魚臭いと思ったことはありませんか?それは魚の血の臭いが原因です。

魚を釣ったら、すぐにナイフを使って魚を血抜きを行って、〆ましょう。これさえやれば刺身が絶品です。(具体的な方法はYoutubeで検索してみてください)

余力があれば内臓をとりだしておくとベターです。理由はアニサキス予防です。アニサキスは特に青魚の内臓に寄生している場合が多いといわれています。刺身で食べる場合、この処理をしておくと安心です。

魚を新鮮に持ち帰るためにクーラーボックスは用意しなくてもいいの?と疑問に思うかもしれませんが、海のルアー釣り初心者のうちは持っていかなくてもOKです。

なぜなら、釣れる確証はありませんし、荷物がかさばるからです。もし釣れたら発泡スチロールを近くにスーパーでもらい、コンビニで氷を買って入れておけばOKです。

経験を積み、安定して釣果がでるようになったらクーラーボックスを購入すればOKです。

準備ができたらルアーを投げてみよう!

7つの道具をそろえたら、難しいことは考えずにまずは海にいってみましょう。そして始めてみましょう。

結局いくら本を読んでも、いくらネットで調べても実際にやってみないとわからないことが多いです。

またやってみて初めて気づく楽しさがあります。魚がかかったときのあの手元に伝わる振動は何とも言い表すことができない感覚で、日常では味わえない興奮があります。

7つの道具をそろえたら、釣りをする準備はOKです!最初の1匹をゲットするために海に行きましょう!