【初心者向け】海のルアー釣り、失敗しないロッドとリールの選び方

こんにちは。今回は初心者向けに海のルアー釣りのロッドとリールの選び方を紹介したいとおもいます。

釣具店に行くとたくさんの釣り具があって、初めて釣りを始める人にとってはなかなか道具を選ぶのが難しいかもしれません。

私も海のルアー釣りを始めるときは、ロッドやリールの選び方がよくわかりませんでした。バス釣りはしていましたが、海釣りに使うロッドの長さやリールの大きさはバス釣りで使うタックルとは違うのです。

最初からいいものを買いそろえるのにはお金がかかるし、でもせっかく買ったタックルが全然使い物にならなかったというのも嫌だし。。。という思いがあり、「誰か失敗しないように選び方を教えて!!」という思いがあったのは正直なところでした。

今回は昔の自分のような思いをしている人の悩みを解決できるよう、これから海でルアー釣りを始めようと思っている人に向けてロッドやリールの選び方を紹介したいと思います。

このブログを読んでほしい人

  • 海のルアー釣りを始めたいのだけれど、ロッドやリールはどれを選んだらいいかわからない人
  • 釣り具店で売られている「初心者用タックル」は選んで正解か不安な人
  • 調べれば調べるほど、どれを選んだらいいかわからなくなって釣りに行けなくなっている人

結論:釣具店オリジナルの「初心者用タックル」を購入すればOK!

ちょっと拍子抜けしてしまうかもしれませんが、釣具店オリジナルの初心者用タックルを買えば間違いありません。私も初めて海のルアー釣り用に購入したのはロッドとリールとラインがセットになった釣具店オリジナルの初心者用タックルでした。

「釣具店オリジナルの初心者用タックル」というと安かろう悪かろうなものをつかまされている気がしますが、ポイントを押さえて選べばむしろ性能の割にお得に購入することができます。

私は初心者用タックルを長らく使っていて、80cmのシーバスを難なく釣り上げることができていますので、最初の1本にオススメです。

理由①手ごろな値段で買えるから

ロッドとリールとライン、この3点セットがなければ釣りが始りません。初心者におすすめのロッド、リール、ラインをばらばらにそろえた場合、少なくとも20,000円はかかってしまうと思います。

でも釣具店オリジナルの初心者用タックルであれば15,000円以内でそろえることができます。なぜなら釣具店側が初心者が扱いやすいように考え、手ごろな値段で提供できるようにカスタマイズしているからです。

しかも最近ではルアーもついているものもあるので、かなりお得です。

理由②使いやすいから

釣具店オリジナルなので、店側もヘタな商品は売れません。なぜなら、釣り初心者は新たな顧客、「釣りって簡単で楽しい」と感じて釣りにはまってくれたほうが店側にメリットがあるからです。

逆に扱いにくいタックル、たとえば持っているだけで疲れる重たいロッドを初心者用とうたって売れば、「釣りって疲れるし楽しくない」となってせっかくの新たな顧客が離れていってしまいます。

だから釣具店オリジナルの初心者タックルは、初心者が使いやすいようにカスタマイズされているのです。

理由③ すぐに使えるから

すぐに使えることも初心者用タックルをオススメするポイントのひとつです。

たとえばリールとラインを別々に購入する場合、「リール選び」、「ライン選び」、「リールにラインを巻く作業」と3つのステップが必要になります。

釣りに詳しくなってくるとこのステップ自体が楽しいのですが、これから釣りをしようと思っている初心者にとっては少々わずらわしいかもしれません。

あらかじめ初心者が使いやすいように、すぐに釣りが始められるようにとカスタマイズされている初心者用タックルであれば、そうした初心者にとってわずらわしいステップをふまずに釣りを始められるのでオススメです。

初心者用タックルを選ぶ際の注意点

釣具店がオススメしているからといって、なんでもいいわけではありません。なぜかというと、中にはただ安価な道具の組み合わせだけで安く売っているものもあるからです。

せっかく買うからにはお得でいいものを選びたいですよね。そこで初心者用タックルを選ぶ際のポイントを3つ紹介したいと思います。

私が初めて買ったタックルは海のルアー釣り用の初心者用タックルでした。それはこれから紹介する3つのポイントをおさえていて、大物がかかっても互角にやりとりができ、釣り上げることができました。しかも高品質で、10年たった今でも現役のタックルです。

有名メーカーから選ぶ

結論からいうと、シマノかダイワのものを選べばOKです。

初心者用タックルはこの2つのメーカー以外からも出されていることがあります。シマノかダイワの2択なのは品質的に信用できるメーカーだからです。

釣り具のメーカーはいくつかありますが、シマノとダイワは2大勢力です。この2社が長年釣り具業界の先頭を走ってこれたのは、品質が高くユーザーからの評価が高かったからです。

実際に私が購入したのは、シマノの初心者用タックルでした。10年使っていますがロッドが折れたり、リールが巻けなくなったりするトラブルはいっさいありません。

PEラインを使っているもの

PEラインは海のルアー釣りに必須です。なぜかというと、飛距離がほかのラインと比べて優れているからです。より遠くにルアーを投げることができれば、遠くにいる魚にアピールすることができますし、ルアーを魚に気づかせるチャンスも増えます。

つまり遠くにルアーを投げることが釣果に直結するのです。

しかし、ここで難点が。PEラインはほかのラインに比べて高価なのです。リールに満タンでラインを巻く場合、5,000円くらいするのが普通です。初心者の方からすると「糸だけで5000円もするの?」と少しためらってしまうかもしれません。

ですが初心者用タックルの中にはリーズナブルな値段なのにPEラインまでつけてくれるお店もあります。PEラインは普通に買うと高いので、初めてのタックルを購入する際にはPEラインがセットでついてくるものを選ぶとお得です。

硬いロッドはNG、中間or柔らかめのロッド

ロッドには硬さがあります。柔らかいロッドと硬いロッドにわかれます。どんな魚を釣るかによって、最適なロッドの硬さは変わってくるのですが、海のルアー釣り、とりわけシーバスや青物などを狙う場合に限っていえば、ずばり中間の固さがオススメです。具体的にはMもしくはMLです。

MとかMLってなんのこと?と思う方もいると思いますので簡単に紹介します。ロッドの硬さは7つにわかれます。私の感覚だとこんな感じです。下に行くほど硬いロッドになります。

  • UL(ウルトラライト)・・・・アジ
  • L(ライト)・・・・・・・・・根魚
  • ML(ミディアムライト)・・・シーバス、青物(初心者向け)
  • M(ミディアム)・・・・・・シーバス、青物 (初心者向け)
  • MH(ミディアムヘビー)・・・シーバス、青物(上級者向け)
  • H(ヘビー)・・・・・・・・・ヒラマサ、ブリ
  • XH(エクストラヘビー)・・・メータ越えの超大物

なぜMもしくはMLをおすすめるかというと、フッキングが決まりやすいからです。フッキングというのは、魚がかかったときに針が魚の口にしっかりとかかることを意味しています。

初心者の場合、もし魚がかかったとしてもそれになかなか気づけなかったりします。ロッドが硬い場合、魚がルアーをくわえても弾いてしまうため、バレてしまうことが多いです。

反面、柔らかいロッドだとしなりが効くので、魚がルアーを加えて引っ張ったときにロッドが自然と元に戻ろうします。その反動で針が魚の口にしっかりとかかるのです。

私が初めて買ったロッドの硬さはMLでした。シーバスや青物を釣り上げたときも、あまりあわせを入れなくても、針がしっかりとかかっていました。

魚のアタリを感じられなくても、ロッドの柔らかさがその分をカバーしてくれます。なので初心者にはMもしくはMLといった中間~少し柔らかめのロッドをおすすめします。