【ロード・クロスバイク向け】迷ったら鍵はダイヤルロックを選ぼう!使って実感したおすすめ理由とは?

ロードバイクやクロスバイクの鍵をどれにしようか悩んでいませんか?

自転車の鍵といっても種類はたくさんあります。ワイヤータイプ、U字タイプ、収納タイプ、チェーンタイプなどなど。どれを選んだらよいか迷ってしまいます。

特にこれからロードバイクやクロスバイクを始めようとしている人にとっては、いろいろある鍵の中で、どれを選んだらいいかわからなくなってしまうと思います。

自転車の鍵選びに悩んでいる人たちに、ダイヤルロックをオススメしたいです。

ダイヤルロックは開け閉めが簡単で、乗り降りする頻度が多い人には特におすすめです。

このブログを読んでほしい人

  • ロードバイクやクロスバイクの鍵を探していて、どのタイプの鍵がおすすめか知りたい人
  • ダイヤルロックのメリット、デメリットが知りたい人
  • 乗り降りする頻度が多く開け閉めが簡単な鍵を探している人
  • サドル下に取りつけるタイプの便利さが知りたい人

ロード・クロスバイクの鍵、ダイヤルロックをおすすめ理由

私は最近自転車の鍵を買い替えました。気軽にサイクリングに行くために持ち物をなるべく減らしたかったので、サドル下に取り付けるタイプの鍵が候補でした。値段もなるべくおさえつつ、でも盗難対策はきちんとしたかったのでその条件にあう鍵を探していました。

ENGGダイヤルロックはその条件を満たし、使い心地もかなりいいので紹介したいと思います。購入を迷っている人の参考になればと思います。

ワイヤー錠を持ち運ぶ必要なし

ENGGダイヤルロックはサドル下に取り付けるタイプです。なのでワイヤー錠を持ち運ぶ必要がありません。

人によってはワイヤータイプやチェーンタイプの鍵でしっかりとロックしないと不安だという方がいるようで、自転車に乗るときはワイヤー錠をカバンにいれるか、体に巻き付けたりして持ち運ぶようですが、とても面倒に感じます。

そのためだけにカバンを持っていくなんて荷物が増えるだけでもったいないです。

サドル下に取り付けるタイプでなら、鍵用のカバンを持っていく必要はありません。

ダイヤル式なので鍵を紛失する心配なし

自転車でよくあるトラブルが鍵の紛失です。どこかに落としてしまったり、カバンの中にいれたら他の荷物に埋もれてどこにいったかわからなくなったり、ポケットに入れた気がするけど、どこにしまったかわからなくなったり。。。鍵の紛失トラブルは身近に起こりえます。

でもダイヤル式であれば、鍵の紛失の心配がありません。事前に登録した番号にダイヤルをあわせれば、ポケットから鍵を取り出すことなく開け閉め可能です。

外出先で鍵を失くしてしまって開けられないとか、家のどこに鍵を置いたか忘れてしまった、なんていうトラブルが自分の身に起こりえるなと想像できる方にはダイヤル式を強くおすすめします。

ENGGダイヤルロックがおすすめ

盗難対策ばっちりでコスパ最強

鍵なので盗難対策がきちんとできるかは大切です。ENGGダイヤルロックは暗証番号が5桁の設定なので、組み合わせは10万通りとセキュリティはばっちり。

ワイヤーの太さは直径12mmと頼もしく、ワイヤー自身がプラスティック素材に覆われているので万が一ニッパーなどで切断しようとしたとしても、切りにくくなるように工夫されています。

こうして作りがしっかりしているのにもかかわらず、値段が1,000円以内で買えるコスパの良さはオススメするポイントのひとつです。ほかのメーカーの似たようなタイプの鍵の値段をみると2,000円ほど、高いものだと10,000円以上するものもあります。

1,000円であれば、「気に入らなかったら別のものを変えればいい」という軽い気持ちで買うことができます。でも使っていて1,000円のわりにはワイヤー部分、ダイヤル部分もしっかりしていて、見た目や質感も安物っぽい感じは一切ありません。

「コスパがいい」というのを実感しています。

レビュー数多く、口コミもいい

レビュー数が多く、口コミがよかったのも買うきっかけになりました。私がENGGダイヤルロックを購入した時はAmazonの口コミで1位でした。

コスパもいいし、作りもしっかりしていてダイヤルが5つもあり、番号も簡単に設定することが出来るのでセキュリティも使いやすさも文句なしです!使い終わったあともぐるぐるとまとめればコンパクトに収まるのでいいと思います。

引用元:Amazon

U字ロックと組み合わせて使用しています。取り付けも簡単ですし番号も5桁なので盗難対策にも良さそう。何にせよ鍵がいらないので手ぶらで出かけられるのが最大の利点

引用元:Amazon

レビューの中には「コスパがいい」「盗難対策がしっかりできそう」「手ぶらで出かけられる」という点を押しているものが多く、買って満足している人が多いことがわかります。

ENGGダイヤルロックのメリット

ダイヤル式なので開け閉めが簡単

ダイヤル式なので鍵を持たなくていいのが本当にラクです。いままで鍵で開け閉めするタイプのものを使っていたのでダイヤル式には抵抗がありました。でも、いざダイヤル式にすると便利さがよくわかりました。

それは鍵を持つ必要がなくなったことです。家をでるときに自転車の鍵を忘れていないかを確認する必要もないですし、外出先でポケットから鍵を取り出す必要もありません。

鍵タイプだと鍵穴と鍵がぴったり合わなくてガチャガチャやって開けたり、締めたりすることが出てきます。急いでいたりなんかするときは、そのガチャガチャすること自体がストレスになったりしませんか?

ENGGのダイヤルロックならガチャガチャする必要なくなります。自転車から降りた後はダイヤルを回してロックするだけでOKです。自転車に乗るときは鍵をポケットから取り出す必要なく、ダイヤルを回せばロック解除完了です。

乗り降りの頻度がおおい街乗りなんかでは、ダイヤルロックは鍵を開け閉めする手間がネックになりますが、ENGGのダイヤルロックならその手間がゼロなのでおすすめです。

ENGGダイヤルロックワイヤーロック

ENGGダイヤルロックの注意点

地球ロックは限界あり

ワイヤーの長さが1200mmあるので、普通に鍵をかける分には長さが十分です。使っているうちに気づいたのが、ポールなどにワイヤーに巻き付けてロックするいわゆる「地球ロック」をするにはもう少し長さが必要かなと思いました。

でも日本であれば、自転車ごと持っていかれることは少ないと思います。わざわざ地球ロックするために、ワイヤー型やU字ロック型の鍵を持ち歩くのは手間です。

それよりも手ぶらで自転車に乗れるENGGの鍵のほうがいいかなと思っているので地球ロックにはそれほどこだわってません。

もし「地球ロックしないと心配」という方は、サブの鍵として1200mmより長い鍵を持ち歩けばいいと思います。

荷台がついている場合は取り付けに工夫が必要

荷台をつけている場合は、サドル下に取り付けた鍵と荷台が干渉してしまう可能性があります。私のクロスバイクには荷台をつけているのですが、ワイヤーとダイヤルが見事にかち合ってしまいました。

でも大丈夫です。取付け位置とワイヤーの方向を少しずらしてあげれば荷台を取り付けたままでもENGGを取り付けることができます。

荷台がないのと比べると、荷台を気にしながら鍵をかけたり外したりしなければならないので、それが面倒な人は荷台を外してしまったほうがいいです。

まとめ

いままで鍵式のワイヤーロックを使用してきましたが、鍵をかえてたくさんのメリットを感じています。繰り返しになりますが、おすすめ理由をまとめておきますので、参考になればと思います!

  • サドル下に取り付けるタイプのため、ワイヤー錠を持ち運ぶ必要がない
  • ダイヤル式なので鍵を失くす心配がない
  • 5桁の番号で盗難対策が確実、それで1,000円程度で買えるコスパの良さ
  • 口コミやレビューで評価高く、信頼できる

自転車の鍵のストレスをなくし、たのしいサイクリングにでかけましょう!

ENGGダイヤルロックワイヤーロック