【クロスバイクの鍵】サイクリングに最適な鍵の選び方とは?

こんにちは。今回はクロスバイクやサイクリングに最適な鍵の選び方を紹介したいと思います。

このブログにたどり着いた人は、自転車の鍵の選び方に悩んでいる人だと思います。そんな人の参考になればと思ってブログ記事を書いていこうと思っています。

私自身、クロスバイクに乗っていて軽いサイクリングをしています。その時に悩みの一つが鍵の開け閉めです。自転車の鍵はたくさんの種類があって、どれを選んだらいいか迷ったり、鍵を買ってもなんか開け閉めが面倒だなとストレスに感じていたことがありました。

そんな経験から、自分に合った自転車の鍵を見つけられるように鍵の選び方を紹介したいと思います。

このブログを読んでほしい人

  • クロスバイクなど街乗り用の自転車の乗っていて、それにあう鍵を探している人
  • 買い物やカフェなどで短時間自転車を止めることが多いけれど、鍵の開け閉めが面倒だと感じている人
  • 軽いサイクリングをしているのだけれど、鍵を持ち歩くのが面倒に感じている人

得られること

  • 街乗りや軽いサイクリングにに最適な鍵の選び方がわかる
  • クロスバイクにあったオススメの鍵がわかる

鍵選び、クロスバイクをのる場面を想像することが大切

自転車の鍵の種類はたくさんあります。ワイヤータイプ、U字ロックタイプ、チェーンタイプなどさまざまです。どれを選んだらいいか迷ってしまいます。

そんなときは自分が自転車をどのような場面で使うかを想像することで、自分に合った鍵の条件がわかってきます。

たとえば私のようにクロスバイクを持っている人を例にすると、こんな感じで自転車を使っています。

  • ロードバイクのように50kmとか長距離を一生懸命こぐことはない
  • どちらかというと街乗り中心で自転車を止める機会が多い(コンビニとかカフェに立ち寄るとか)
  • 自転車を止めても短時間なので、鍵はしっかりするけど開け閉めで手間取りたくない
  • なるべく荷物は少なくしたいので、自転車の鍵をできれば持ち歩きたくない

このような感じで自分が自転車をつかうシチュエーションをイメージすると、鍵の種類もしぼられてきます。

いきなりネットで鍵を調べ始めるよりも、自分の自転車の使い方を最初にイメージしておいたほうが買ってから失敗することがありません。

失敗しがちな鍵選びの例

自転車の鍵は、かたち、材質、ダイヤル式or鍵式など種類が豊富なので迷ってしまいます。口コミや購入レビューなどを頼りに候補をしぼっていくとおもいますが、そのときに注意しなければならない点がいくつかあります。

商品の口コミで低評価をつけていた人は、以下のようなことで鍵選びに失敗していました。

まず有名ブランドの鍵をとりあえず買うパターンです。有名ブランドは高価ですが、デザイン性に優れていたり、盗難対策がされた頑丈な作りになっているのが特徴です。

反面、盗難対策でしっかりした材料をつかっているため重量があり、鍵を持ち歩かなければならない場合は荷物になってしまいます。

また逆にとにかく価格重視で安い鍵を買うパターンも失敗してしまう例です。こういう人の場合の多くは、鍵が届いたので使ってみたがすぐに鍵が壊れたというケースが多くみられます。

持ち運びやすさとおしゃれさを意識しすぎて細いワイヤーの鍵を買うパターンも失敗例のひとつです。鍵をしていたのに盗まれたという人がこのタイプです。細いワイヤーの鍵はニッパーで簡単に切られやすいのです。

鍵は大切な自転車をぬすまれないようにするためのものです。盗難対策ををおろそかにして鍵を選ばないように注意が必要です。

サイクリングに適した鍵の選び方は?

さきほど自分に合った鍵の選び方は自転車の使い方を想像することだといいました。ではサイクリングで使う鍵を選ぶ場合、どういった鍵を選んだらいいでしょうか?

キーワードは3つだと思っています。

  • ワイヤー部分が太いもしくは切られにくい材質
  • 鍵の開け閉めが簡単
  • おしゃれ

まず1つ目として、細いワイヤーのものは避けたほうがいいです。なぜならニッパーなどの工具で簡単に切られてしまうからです。細いので自転車に巻き付けたり、収納には便利ですが盗難のリスクは高いです。

おすすめは太さが1.2cm以上あり、複数の材質で組み合わされているものです。ワイヤーの太さが太ければニッパーなどで切断される可能性は低くなります。

また複数の材質、たとえば布+ワイヤーもしくはプラスティック+ワイヤーなど複数組み合わされていれば切断しにくくなります。

2つ目として、鍵の開け閉めが簡単であること重視して選ぶことをおすすめします。私がおすすめするのはダイヤル式です。なぜかというと鍵をポケットから取り出すことも必要がないので、ちょっとした乗り降りの多いサイクリングには最適です。それとダイヤル式は鍵をなくす心配もないです。

3つ目はおしゃれであることです。自転車にあったデザインの鍵を選ぶことで自転車に乗るのが楽しくなります。特にクロスバイクなどのスポーツバイクでサイクリングに行く場合は、鍵をかけてもかっこいい自転車のほうが、乗るだけでなく見ても楽しめます。

そうすることで自転車を大切に乗ろうという気持ちがわいてくるので面倒なメンテナンスもやる気になる(?)と思います。

おすすめの鍵

乗り降りの多い人、鍵の開け閉めに手間取りたくない人におすすめがENGGダイヤルロックワイヤーロックです。

サドル下に取り付けるタイプの鍵なので持ち歩きの必要がなく、ダイヤル式なので鍵を持ち歩く必要がないです。コスパもいいので、かなりおすすめです。