【バーベキューに飽きたら】ダッチオーブンで簡単極上キャンプ飯を食べよう!

こんにちは。今回はステンレスダッチーオーブンの紹介をしたいと思います。みなさんはキャンプで食べるものと言ったら何を思い浮かべるでしょうか?

まず多くの人が思い浮かべるのはバーベキューだと思います。炭火で焼いた肉を大自然の中でいただくのは最高です。でも何回もキャンプにいって毎回バーベキューだとマンネリ化してしまいます。

特に最近キャンプにはまった人で毎週のようにキャンプに行っている人ならなおさらです。バーベキュー以外にキャンプ飯っていったら、なかなか思い浮かばない・・・

そんな人にこそオススメしたいのはダッチオーブンを使ったキャンプ飯です。誰でも簡単に極上のキャンプ飯ができます。バーベキューこそがキャンプ飯だとおもっているうちはまだまだ初心者。ダッチオーブンを使いこなしてワンランク上のキャンパーになりましょう!

このブログを読んでほしい人

最近キャンプにはまっている。キャンプの定番のBBQはやりつくした感があってマンネリ化してしまっているのでBBQ以外のキャンプらしい料理に挑戦したい!

鋳物とステンレスダッチオーブン、どちらを買おうか迷っている。ステンレスダッチオーブンは高価だけど、実際使ってみての感想が知りたい!

ステンレスダッチオーブンのメリット、デメリットが知りたい

ダッチオーブンはもっているのだけど、シーズニングなどの手入れが面倒で出番が少なくなってきてしまっている。でもダッチオーブンで作るキャンプ飯はどれも格別なことは知っていて、シーズニングのいらない手入れが簡単なダッチオーブンを探している!

得られること

ダッチオーブンを使えば、盛り上がること間違いなしのキャンプ飯が簡単に作れることがわかる。

ステンレスダッチオーブンのメリットとデメリットがわかる。

ダッチオーブンを買うなら初めからステンレスダッチオーブンを買ったほうがコスパがいいことがわかる

本格キャンプ飯を簡単に作れる魔法のアイテム「ダッチオーブン」

ダッチオーブンの存在を知らない人もいると思うので、少し紹介したいと思います。 ダッチオーブンとは鉄でできた持ち手と蓋のついた鍋のことです。

下からの火と蓋の上に置いた炭の熱で上下からオーブンの様な加熱ができ、高温、高圧の調理が可能です。そのため 焼く、煮る、蒸す、揚げる、炒める、燻す、保温する、など様々な使い方ができます。

またキャンプ以外でも家でも使えます。ガスコンロにかければ保温性抜群の鍋として使えます。ダッチオーブンを1つもっていれば、家に居ながらにしてキャンプ飯が味わえるのです。

ダッチオーブン初心者におすすめなキャンプ飯とは?

ダッチオーブン初心者だけれど。。。

  • せっかく作るんだから美味しいもの作りたい!
  • 手の込んだものではなくて、簡単に作れるものがいい!
  • 周りの人をあっと言わせるような盛り上がるキャンプ飯が作りたい!
  • 失敗はしたくない!

私も最初は欲張ってそんなことを考えていました。でもダッチオーブンで作ると欲張りじゃなくて全部かなえられるので不思議です。

これまで私が作ったダッチオーブンキャンプ飯で実際にオススメしたいものを紹介したいと思います。

パエリア

テレビやCMで見たことはあるけれど、けっこう難しそうと思う方もいるかもしれませんが、意外なことにダッチオーブンで簡単に作れるんです。

魚介類を豪快に鍋に入れてご飯と一緒に炊き込みます。味付けはシーフードからしみだすエキスで十分。ほぼ手を加えないのに、味は最高です。

ヨーロッパの料理らしく写真映えもしますので、家族でのキャンプ、女子にアピールしたい場でもウケること間違いなしです!

鋳鉄製ダッチオーブンとは?

その名のとおり鉄でできたダッチオーブンです。色は黒で見た目はこれぞダッチオーブンという感じでかっこいいです。

これをキャンプにもっていってキャンプ飯を作れば一目置かれる存在になること間違いなしのアイテムです。

値段もそれほど高くなく、一つ買えばずっと使えるアイテムです。手入れをして使い込むと「ブラックポット」とよばれる漆黒のダッチオーブンになります。

私も鋳鉄製のダッチオーブンをもっていて、キャンプで使うとぐっと雰囲気もよくなりますし、なによりダッチオーブンで作るキャンプ飯が極上です。

ステンレスダッチオーブンとは?

鋳鉄製ダッチオーブンが主流ですが、数は少ないですがステンレスでできたダッチオーブンも出回るようになってきました。ステンレスダッチオーブンの一番の特徴は手入れのしやすさです。

鋳鉄製はシーズニングをしないとさびてしまいますが、ステンレスダッチオーブンはシーズニング不要で洗剤でガシガシ洗えます。

私のように、めんどくさい手入れは嫌だけどダッチオーブンをつかって美味しいキャンプ飯が食べたいといういいとこどりをしたい人にはぴったりなのがステンレスダッチーオーブンです。

ダッチオーブンの選び方

ダッチオーブンに興味があるのだけど、どうやって選べばいいの?そんな悩みにこたえたいと思います。

自分にぴったりのダッチオーブンを探すときに意識するといいのは、この2つです。

  • 材質(鋳鉄製かステンレス)
  • 大きさ

まず材質からですが、鋳鉄製かステンレスか選ぶことになります。鋳鉄製?ステンレス?あまり聞きなれないのでよくわからない方もいるかもしれませんので説明したいと思います。

鋳鉄製というのは、その名のとおり鉄でできているダッチオーブンです。

サビを防ぐためにシーズニングと呼ばれる油を塗りこむ作業が必要になり手間がかかりますが、流通量が多く比較的リーズナブルな値段で手に入ります。

一方でステンレスの場合、 材料費が高いようで鋳鉄製に比べるとやや高価ですが 、シーズニングが不要で使用後は洗剤を使ってゴシゴシあらってOK、メンテナンスがとても簡単です。

ダッチオーブンを選ぶとき、どの大きさにするかも悩むところです。おもに3つの大きさがあります。

  • 8インチ
  • 10インチ
  • 12インチ

インチというのは大きさの単位なのですが、イメージしにくいと思うのでどういった用途/人数で使う大きさなのかを説明したいと思います。

8インチ

  • 人数:1~2人向け
  • ソロキャンプや少人数向けにおすすめ

10インチ

  • 人数:3~4人向け
  • どんな料理にも使える大きすぎず小さすぎずなほどよいサイズ感

12インチ

  • 人数:5人以上向け
  • チキンの丸焼きなど大きさを生かした豪快な料理を作るのに最適

ちなみに値段はインチが大きくなるほど値段が高くなります。つまり8インチが一番安くて、12インチが一番高価になります。

また、鍋の大きさによって作れる料理に制限が出る場合があります。たとえば、チキンの丸焼きは8インチでは入りませんので10インチ以上でないと作ることが難しいです。

オススメのダッチオーブンは?

じゃあどれを買ったらいいの?と迷ってしまうかもしれません。使いやすさと長く使うという観点からおすすめしたいのは。。。

  • 大きさは10インチがベスト
  • メンテが楽なステンレス製がおすすめ

大きさ10インチがベスト

「最初のダッチオーブンは10インチ」とよくいわれますが、私も10インチのダッチオーブンを買うべきだと思います。

実際に10インチのダッチオーブンをつかっていて、小さいと思ったことはありませんし、大きすぎると思ったこともありません。

私は6-7人くらいでキャンプやBBQをすることが多く、はじめは12インチにしようと思いました。

10インチは小さいかなと思いましたが、ダッチオーブンの料理はメインではあるけれど、ほかの料理(たとえば少量の焼き肉、サラダ、スープなど)もちょこちょこあるので、10インチが結果ちょうどよかったのです。

逆に大きいダッチオーブンを買ってしまうと、必然的に1品の量が多くなってしまい、最悪の場合は料理が余って処分しなければならなくなってしまう可能性があります。

10インチであればキャンパーの憧れのチキンも丸焼きだってできますし、人数が少ない場合は量を調整して対応できますので、最初の1台としては10インチがベストです!

ステンレス製がおすすめ

鋳鉄製とステンレス製の違いは、先ほど紹介したのでお分かりかと思いますが、要は値段をとるか、メンテのしやすさをとるかの違いです。

私は鋳鉄製もステンレス製も両方持っていますが、お金に余裕があれば最初からステンレス製のダッチオーブンをおすすめします。

キャンプやBBQで一番やっかいなのは「終わった後の片づけ」です。

準備や買い出しなどはみんなでワイワイやるものですが、終わりに近づくと焚き火の火が消えるかのごとく心の中のドキドキも静かに消えてしまうものです。

それでもメンテナンスをしっかりできる人は、値段の安い鋳鉄製ダッチオーブンでよいと思います。

でもめんどくさがりの人や片づけに気持ちが入らない人はメンテナンスが簡単なステンレスダッチオーブンをおすすめします。

ダッチオーブンを買ったけれど

  • メンテナンスが面倒で結局使わなくなってしまった
  • メンテナンスをしなかったら錆びてしまった

このような人はけっこういると思います。安いからという理由だけで鋳鉄製ダッチオーブンを選ぶのは危険で、結局使わなくなってしまってはお金の無駄です。

その点、ステンレスダッチオーブンはお手入れ簡単です。洗剤でガシガシあらえて油を塗りこむという手間が必要ないからです。

たしかに鋳鉄製より値段は高いですが、一度買えばほぼ永久的に使えます。「いいものを長く使う」と考えればコスパはいいと思いますので、最初の1台にステンレスダッチオーブンをおすすめします!

一緒に買っておくべきもの

ダッチオーブンは思っている以上に鍋自体が熱くなります。装備不足でケガをしてうことは絶対にさけたいですね。ダッチオーブンと一緒にそろえておくと便利なものを紹介したいと思います。

手袋(必須)

手袋は絶対忘れてはいけません。これがないと鍋をつかむことができません。わたしはダッチオーブンを買ったばかりのとき、「ダッチオーブン用の手袋なんてもったいない」とおもい、軍手で代用しようと思っていました。

いざ現場でアツアツの鍋に軍手2枚重ねで挑みましたが、鍋が熱すぎて持てず、てんやわんやした経験があります。安いものでもいいので厚手のしっかりしたものを買いましょう。

耐熱グローブ アウトドアBBQ用

リッドリフター(ふたを持ちあげるギア)(必須)

ふたを持ち上げるギアをリッドリフターと呼びますが、こちらも必須です。「ふただから軍手で十分でしょ!」と思うかもしれませんが、ダッチオーブンの温度をなめたらいけません。熱せられた金属の塊ですので、手で持つと非常に危険です。

リッドリフターなんて。。。となめていましたが、使ってみるととても便利です。専用器具だけに安全にふたを持ち上げることができるように設計されており、手で持つよりも少ない力でふたを持ち上げることができます。

ダッチオーブンに付属されていることもありますが、そうではない場合は準備したほうがいいギアの一つです。

ロゴス(LOGOS) ダッチオーブン用 ウッドグリップ リッドリフター

鍋敷き(必須)

ダッチオーブンの直置きはおすすめできません。地面に直接おいてしまうと鍋に傷がついてしまったり鉄分が付着することにより変色の原因になります。それと机に直置きした場合、ダッチオーブンは高温なので机に焼き目をつけてしまったり、傷をつけてしまう原因になります。

そこで、ダッチオーブンを火からおろす際には鍋敷きが必須なのです。鍋敷きがあれば高温になったダッチオーブンでも机に置くことができますし、中の様子を見たいときにフタを置く場所にもなります。

木製と金属製の鍋敷きがありますが、私は金属製をおすすめします。以前、薄手の鍋敷きを購入したのですが、火にかけたダッチオーブンを置いておいたら鍋に張り付いてしまい、気づかずに火にかけてしまったことがあるからです。(灰になってしまいました)

木製でも重量のあるしっかりとしたものなら問題ないかもしれませんが、苦い思い出があるので私は金属製をおすすめします。金属製でも机を傷つけないよう足にゴムやシリコンがついているものを選ぶようにしましょう。

DULTON(ダルトン) トリベット100-017 φ180mm アルミニウム QTL5501

お得にダッチオーブンを買う方法とは?

どのアウトドア用品もそうですが、総じてサクッと買えるような値段ではないです。そして多くの人が湯水のようにお金を使える人ではなく、お小遣い制だったり、少しずつお金をためてキャンプ用品をそろえていく人がほとんどだと思います。

新品だとちょっと手が出ないなという方には、中古で安く買うことをおすすめします。人によっては中古品に抵抗がある方もいるかもしれません。

  • 傷や汚れなどの不具合があったりしたら嫌だ
  • 人が使ったものに抵抗がある

でもアウトドア用品に傷や汚れはつきものです。むしろそういうところがいい雰囲気をだしたりします。ダッチオーブンの場合、中古で買っても性能に大きな違いはありません。新品と中古品の違いは、見た目のみといっても過言ではありません。

それでも人が使ったものには抵抗があるという人におすすめしたいのは、中古品の中でも、比較的新品に近いものです。

ダッチオーブンの中古市場をみると、1、2回つかってそのまま使わなくなってしまったのを出品しているケースを見かけます。どうやら「コレクター」になっている人がいるようで、「気になって買ったはいいものの、あまり出番がなかった」といって手放す人が少なからずいるようです。

中古で買う場合、私がよく利用しているのはメルカリです。利用者が多いので商品数も多く、取引も簡単だからです。

ダッチオーブンの中古品の中でも新品に近い商品は、狙っている人が多いです、こまめにチェックしておけば、いいものをお得に手に入れることができます。