【買ってよかった】テレワークおすすめグッズ4選 効率化&ストレス減

コロナウィルス以降、テレワークを採用する企業が増えましたが、実際テレワークを始めた人で「自宅だと仕事に集中できない」とか「在宅ワークの環境を整えたい」と思っている人が多いのではないでしょうか?

この記事を読むことで、テレワークをこれから始める人も、すでにテレワークをはじめているけど、不便さを感じている人も会社と同じ環境もしくはそれ以上に快適な環境で仕事ができるようになります。

なぜなら、私自身まったくテレワークの経験はありませんでしたが、これから紹介するアイテムを使ったところ、テレワークで不便に思っていたことが解決し、会社にいるときよりも効率的で、快適に仕事ができるようになったからです。

この記事では、私が実際に使っているテレワークを快適にするグッズを紹介します。

記事を読み終えると、テレワークで快適かつ集中して仕事に取り組むことができるようになります。

私自身がそうであったように、テレワーク初心者の不安や不満を解消することのできる内容をお届けしていこうと思います。

テレワークは仕事環境を整えることが最重要

テレワークで一番重要なのは、仕事に集中できる環境を整えることです。

なぜかというと、そもそも仕事環境ではない自宅で、オフィスにいるのと同じように集中して仕事をすることは難しいからです。

家に帰ってきてほっとしたり、リラックスするのは、自分の家という存在が緊張を和らげる場所だからです。

だから、仕事をする場所になっていない自宅で「テレワークになったから仕事をしよう!」というのは、よほどのメンタルが強い人でないと厳しいです。

まずは仕事モードになるよう、オフィスと同じ仕事環境を整えましょう。

テレワークのデメリット

コミュニケーションをとりづらい

会社だと会って話をしたり、打ち合わせをして要件を伝えたり、相手の伝えたいことは何か直接確かめることができます。

でも、テレワークだと「顔を突き合わせて話をする」という機会がなくなってしまいます。

「メールだと伝わらない」「電話だと上手く伝えられない」という人がいるように、私たちは気づかないうちに人の顔色やしぐさから情報を得ていることが多いようです。

そのため、テレワークだとコミュニケーションをとりづらいと感じることがあります。

「自分の伝えたことがきちんと伝わっていない」とか逆に「自分の理解が違っていた」という行き違いがないよう、相手に伝わるメールの書き方、伝え方に注意する必要があります。

腰痛や肩こり

テレワークは特に座りっぱなしになりやすく、そのことが腰痛や肩こりを引き起こします。

テレワークを始めてから腰痛や肩こりがひどくなったという方がたくさんいるように感じます。

会社だと通勤や打ち合わせなどで自然と体を動かせます。

でもテレワークだと仕事のすべてを自宅で完結させるので、どうしても移動距離だったり体を動かす機会が減ってしまいます。

腰痛や肩こりがひどくなると、仕事に集中できなくなってしまいます。

テレワークではいつも以上に体を動かすように意識し、腰痛や肩こりを軽減するアイテムをそろえることが快適な仕事環境への第一歩です。

仕事机やイスがない

多くの人がダイニングテーブルなど本来仕事をする環境ではない机で、仕事をすることを余儀なくされているのではないでしょうか?

短時間であれば不便に感じませんが、仕事を長時間していると「肩や腰が痛いな」とか「お尻が圧迫されている感じがする」というように体の不調として現れてきます。

アパートやマンションなどスペースが限られている住居の場合、「仕事用に机とイス一式そろえよう」ということは難しいかもしれません。

それでも、なるべく今あるものを利用しつつ、快適にできる工夫をすることが大切です。

テレワークを快適にするおすすめグッズ4選

快適な電話会議には有線イヤホン

テレワークではインターネット回線をつかった電話が必須です。

オフィスでは固定電話がありますが、テレワークだとそれがないからです。

また立ち話で済む話でもテレワークだと顔を合わせて話をすることができないので、インターネット回線を使った電話が必要です。

Microsoft Teams、Web Ex、Zoomなどアプリはたくさんあり会社によって使うアプリは違いますが、どれもインターネットにつながれば電話できるという特徴があります。

こうしたアプリをつかって電話会議や通話をするときに必要なのはイヤホンです。

イヤホンには2種類あります。

パソコンに有線接続するタイプとBluetoothをつかって無線接続するワイヤレスタイプのイヤホンに2種類です。

電話会議や通話するときにオススメなのは有線接続するタイプのイヤホンです。

なぜかというと、理由は2つあります。

一つ目は、Bluetoothは環境によっては音が途切れ途切れになりやすく、有線接続のイヤホンの音質のほうが断然いいからです。

理由はよくわからないのですが、Bluetooth接続は環境に左右されます。Bluetooth接続機器がたくさんあったり電波が干渉していたりすると聞こえづらくなる傾向があるようです。

二つ目は、有線接続のイヤホンであれば電池切れを気にする必要がないからです。

Bluetoothイヤホンは充電する必要があり、会議が長引いたときや充電をし忘れてしまうと大事な話の途中で聞こえなくなってしまった。。。という心配があります。

プライベートなら多少聞こえづらくても問題ないですが、大切な商談やキーパーソンとの打ち合わせで音質が悪いと、相手からの信頼を落としてしまったり、仕事の効率が悪くなりかねません。

ビジネスで使うイヤホンは有線接続のものが断然オススメです。

腰痛やお尻の痛み防止にゲルクッション

テレワークだと雑音がないので集中できます。集中して仕事をしているところに誰かが話しかけてきたり、急に打ち合わせに呼ばれたりなんてことがないからです。

集中できる環境だからこそ、気づいたらずっと座りっぱなし。。。なんてこともしばしば。。。

座りっぱなしは、腰痛やお尻が痛くなる原因です。放っておくと慢性化して「座っているのがツライ」という状態になり、仕事に集中することができなくなってしまいます。

私自身もテレワークを続けているうちに腰痛やお尻が痛くなってきて、耐えられなくなってきました。

そんなときにテレワークを私よりも早く始めた先輩に相談したところ、「ゲルクッション」をすすめられました。

使ってみるととても快適です。同じ悩みを抱えていた同僚にもすすめたところ「最初は半信半疑だったけど、買ってよかった!」といっていました。

ゲルクッションはお手頃価格なので、腰痛にお悩みの方にとてもおすすめです。

モニターを使って作業効率アップ

メールや資料をみるだけならパソコンのみで問題ないですが、データ集計や資料を見ながらメールを書いたりする場合など、パソコン画面だけだと少し不便に感じます。

モニターがあれば、大きな画面で作業ができますし、パソコン画面も使えば作業もはかどります。

たとえば、パソコン画面にメールを映しながら、作業はモニター画面を使って行うことで画面を行ったり来たりすることなく作業をすることができてとても便利です。

この便利さはモニターを使ったことがない人にはよくわからないようです。私もはじめはモニターを使ったことがなかったので、「必要ないでしょ。」と思っていました。

ところが、モニターを使い始めると、メールをみたり、Excelデータみるときに当たり前のように画面を切り替えていた行為がなくなったことで、とても新鮮で便利に感じました。

いまではモニターがないと「この画面切り替えめんどくさいな」と思うようになっていて、モニターなしの環境にはもどれません。

データ入力や資料をみながら仕事をすることが多い方にはモニター導入を強くおすすめします。

オフィスチェアで長時間のデスクワークを楽に

テレワークで困ることが、仕事をする場所です。

家に仕事スペースがあるという人は、ほんとうにごくわずかで、ほとんどの人がダイニングテーブルやこたつ机でデスクワークを余儀なくされていると思います。

一日少なくとも8時間労働。。。これを長時間使う設計のされてないダイニングテーブルやこたつ机で仕事するのはかなりしんどいです。

肩こりや腰痛などに悩まされ、仕事に集中できなくなることも。。。。。

職場環境に色々文句を言っていましたが、いざテレワークで仕事する環境が整っていない家で仕事をしていると、職場がなんと整った仕事環境であったことかあらためて実感します。

だからこそ、オフィスと同じ環境を整えることが大切なのです。

オフィスチェアはお尻や背もたれがしっかりしていて、長時間座っていても疲れにくい設計になっています。

中には10万円以上する高価なオフィスチェアもありますが、1万円以内でも長時間座るのに適したオフィスチェアもあります。

長時間座っていることからくる腰痛や肩こりの軽減のためにも、オフィスチェアを取り入れることをおすすめします。

テレワークグッズに投資してよかったこと

はじめは、「仕事のために自腹をきってテレワークグッズをそろえるなんて、ばかばかしい」と思っていました。

でも、いまはとても満足していますし、ほかにも自宅の仕事環境に不満を持っている人がいたら、テレワークグッズに投資することを強くおすすめします。

なぜかというと、自宅の仕事環境を整えたことで会社にいるのと同じかそれ以上に快適に仕事ができるようになったからです。

家でも快適に仕事ができるようになってから、肩や腰痛などの体の不調からくるストレスも減り、仕事の効率が上がりました。

実際、テレワークを始めてから仕事量はかわらないですが、残業時間が減りました。(会社にいるときに無駄に残業しているわけではないのですが。。。)

会社だと無駄な打ち合わせに突然呼ばれたり、集中して仕事をしているときに周りの人に話しかけられて作業を中断されることがありますが、テレワークだとそうしたことがありません。

仕事に集中できる環境に投資することで、効率的に仕事をすることだでき、労働時間を短縮することにつながりました。

早く仕事を終え、自由に使える時間が増えたので有意義な投資だったと思います。