【実話】しつこいマンション投資勧誘の断り方

ある日突然、知らない番号から電話がかかってきてマンション投資の勧誘を延々とされて困っていたり、その後も何度も電話がかかってきてうんざりしている方がいると思います。

実は、マンション投資勧誘をきっぱり断るには「コツ」をおさえれば、口下手な人でもきっぱりと勧誘を断ることができます。

実際、私はマンション投資勧誘の電話が過去に何度も来ていて、うまく断り切れずになんどもうろたえた経験があります。

でも「断るコツ」をおさえてからは、わずかな時間できっぱりと断ることができています。

この記事をよむことで、マンション投資勧誘の電話が来ても、きっぱり断ることができるようになります。

そうすれば、たとえ電話がきても気分を害することがなく、興味のない勧誘に取られる時間を少なくすることができます。

今回は実際にあった手ごわい営業マンとのやりとりを例に、マンション投資勧誘の断り方を紹介したいと思います。

マンション投資勧誘を最短で断る方法(コツ)とは?

結論からいってしまうと、2点につきます。

  • いらないという強い意志+根拠
  • 自分に勧誘をかけても、時間の無駄だと伝える

電話自体が面倒だから、電話を切ってしまうという方もいるかもしれません。

でも、その後何度もしつこくかかってくることもあるので、きっぱりと断ることが大切だと考えています。

営業マンはプロ、話術で勝つのはムリ

「いらない」ときっぱり伝え、自分に勧誘をかけても時間の無駄だと伝えたとしても、なかなか引き下がらない手ごわい営業マンがいます。

最近、そんなハートの強い営業マン(こちらからしたら迷惑)から電話がかかってきて断るのに苦労しました。

まず大切なのは、営業マンはプロであることを意識しないといけません。

よく人前で話すのが得意な人にありがちなのが、「相手を言い負かしてやろう」と考えてしまう人です。

相手は営業手法の研修をうけ、実務経験を積んでいるプロです。自分が売る商品についての知識には絶対の自信があります。

そんな人と同じ土俵で戦って勝つのはムリです。

むしろ「言い負かしてやろう」とするのは話を長引かせるだけですし、時間の無駄です。

実際にあった手ごわい営業マン

最近あった営業マンはかなりでごわい。。。というかしつこかったです。

なぜか私の名前をしっている

ある日電話がかかってきました。

営業マン「もしもし。〇〇さんのケータイでよろしいでしょうか?」

私「はい」

このように、なぜか私の名前+ケータイ番号を知っていたのです。

私自身、マンション投資にまったく興味がないので資料請求したこともありません。

また、電話番号には人一倍気を遣っていて、むやみやたらに電話番号を書いたり、人に教えたりすることはありません。

なのに営業マンは私の電話番号と名前を知っていました。なぜ?

でも、この会話のあと、本人だとわかると、いきなり話し始めたので「なんで番号知ってるんですか?」とかいう反論を考える時間もなく、相手もペースにのまれてしまいました。

いきなり要件を話し始める

本人確認をしたあと、いきなり要件を話し始めました。

営業マン「私、XXX会社でマンション投資について案内させていただいているのですが、老後2,000万円問題という話があるのはご存知でしょうか?」

私「はい」

営業マン「2,000万円ってとても高額ですよね?老後までにどうやって貯めたらいいの?とか思いませんか?」

私「はい」

いきなり要件にはいられたので、なぜ私のことを知っている?という疑問をもつことを許されず、私の頭の中は「このあとどうやって断ろう」という思考でいっぱいになって冷静さを失ってしまいました。

あげ足をとってくる

続きです。。

営業マン「老後2,000万円を貯めるために、なにか計画はありますか?」

ここで私は、「断るならこのタイミングだ!」ということで次のように話をしました。

私「すでに株式投資をやっていて、2000万円貯まる見通しがたっています。それとマンション投資に関する電話を以前もらっていて、断っています。」

私「だから、マンション投資するつもりがないので、私に時間かけても無駄です。次の勧誘にまわったほうが絶対いいです。」

では。。。ということで電話が切れるかと思ったら、このあとグイグイこられてしまいました。

いけるぞというワードに食いついてくる

営業マン「以前マンション投資の話を一度お断りされているということでしたが、担当者にお会いされたでしょうか?」

私「電話のみで、会ってません」

営業マン「そうですよね。で、株式投資されているということですが、どのようなプランを考えていますか?」

ちなみに株式投資で2000万円たまる計画というのは、私のうそです。

マンション投資を断るための口実だったのですが、逆手に取られてグイグイ来られてしまいました。

断るつもりが、相手に付け入るスキを与えてしまったのが失敗です。

実際に成功した断り方

今回の手ごわい営業マンからの電話を切る際にも使った断り方を紹介したいと思います。

電話をしないでほしいと伝える

「もう電話してこないでほしい」とはっきりと伝えることは効果的でした。

マンション投資の勧誘の電話が何度もかかってくるうちに気づいたことがあります。

それはとても簡単なことなのですが、営業マンの営業トークに負けてなかなか気づくことができませんでした。

その気づきというのは、「なぜ自分の電話番号や氏名を知っているのか?」という素朴な疑問です。

私はマンション投資勧誘の電話を受けたときに、営業マンに思い切って聞いてみました。

するとどうやら電話番号リストなるものが売られていて、そのマンション投資を勧誘する会社が電話番号リストを売っている会社から買っているというのです。

これは複数の営業マンに実際確認して同じことをいっていたので、おそらく事実です。

もしそうだとすると、その電話番号リストをうっている会社はとても怪しいです。

私自身、自分の電話番号をそのような形で売り買いすることに同意したことはありませんし、売り買いされている事実も知りませんでした。

自分の知らないところで、自分の個人情報が売り買いされていることに怖さを感じました。

なので、営業マンに対しては

  • 自分の電話番号が売り買いされていることを怖く感じている
  • 自分の電話番号を売り買いされることに同意していない
  • 電話番号をリストから削除して、二度と電話をかけてこないでほしい

この3つで手ごわい営業マンもあっさりと引き下がりました。

個人情報にうるさい世の中ですので、こういわれてしまうとさすがの営業マンも気が引けるのでしょう。

営業マンが狙っているターゲット外と伝える

営業マンもやみくもに電話をかけているのではなく、狙っているターゲット層があるはずです。

マンション投資のターゲット層から外れていると伝えること効果的でした。

ターゲット層と聞くと難しく聞こえるかもしれませんが、少し考えてみればとても簡単にわかります。

そもそもマンション投資ができる人をターゲットにするわけですから、ある程度の年収があること、定職についてることが最低限条件になります。

さすがに年収100万円で生活がカツカツの人や高校生に「マンション投資しませんか?」なんて営業をかけても100%契約はとれません。

だから、マンション投資の営業にはかならず、

  • 年収ターゲット
  • 年齢のターゲット

これらがあるはずなのです。

わたしは、実際にマンション投資電話がかかってきたときに、「どういう人たちが営業対象なのですか?」とストレートに聞いてみたことがあります。

すると「年収OO万円の人にご案内しています」と素直に教えてくれました。

だから、このように言えば、営業マンもほぼ100%引き下がってくれるでしょう。

「私は現在、理由があって仕事をしておらず収入がないんです」

実際に私がマンション投資の電話がかかってきて、「しつこいなぁ」とおもうやり手の営業マンにそう伝えています。

そうすると「えっ」と電話越しで驚いて「失礼しました」といって100%電話が切られます。

つまり口下手な人でも、この一言をつたえれば、マンション投資勧誘のセールスから逃げられるのです。

まとめ

マンション投資の勧誘の断り方をまとめたいと思います。

  • 営業マン相手に話術で勝負しない
  • 勧誘の電話に迷惑していることを伝える
  • 勧誘のターゲットではない(余裕資金がある身分でない)とはっきり伝える

この3つを意識するだけで、マンション投資の電話がかかってきても短時間できっぱりと断ることができます。

マンション投資の電話がかかってきて困っている人は、ぜひ参考にしてみてください。