【経験あり】海外旅行保険はネット予約が断然お得!

こんにちは。今回は海外旅行に行く際の旅行保険について紹介したいと思います。以前セブ島にいったのですが、そのときに海外旅行保険を自分で手配したところ、旅行会社に頼むよりもずっと安く手配することができました。

いままではなんとなく旅行会社任せで海外旅行保険の手配をしていたので非常にもったいないことをしたな反省しています。そんな経験から海外旅行保険を選ぶ際に注意したことや安く手配する方法を紹介したいと思います。

このブログを読んでほしい人

  • 海外旅行を計画しているのだけど、保険をどうしようか迷っている人
  • 海外旅行保険を安く、でも保障は充実させたい人
  • 海外旅行保険、結局どれがいいのか知りたい人

得られるメリット

  • 海外旅行保険に入るメリットがわかる
  • ネットで申し込めば、充実した保障内容で安く済むことがわかる
  • おすすめの海外旅行保険がわかる

海外旅行保険は入ったほうがいいか?

結論からいうと、海外旅行に行くときには保険に入ったほうがいいです。その理由をこれから説明したいと思います。

1つ目の理由は、旅先での急病や事故などによる医療費の支払いに備えるためです。日本ではケガや病気などで医療機関にかかっても保険適用で自己負担額は3割ですみます。しかし海外では日本の保険適用外です。なのでかかった医療費を全額自己負担なんてことも十分に考えられます。「健康だし旅行先で病院にいく可能性って低いでしょ!」と思う方もいるかもしれません。

しかし、アクシデントは突然やってきます。たとえば旅先で転んで骨折。。。とか十分ありえます。また盲腸は健康な人でも突然なります(私も経験あり)。アメリカに旅行中に盲腸になって治療代に300万円かかったという話もききます。入院が長引く場合はサポートのために家族を呼び寄せる必要がある場合があり、宿泊費、渡航費用、滞在費などが治療費とは別にかかってきます。

2つ目の理由は、旅先での盗難による補償です。海外は日本に比べると治安がよくありません。たとえば、私の知り合いがヨーロッパにいったのですが、電車に乗ってカバンを荷物棚においていたら近くにいた人に話しかけられて一言二言かわして荷物棚をみたらカバンがなくなっていたという体験談を話してくれました。日本の山手線などもとても混んでいますが、荷物棚に物を置いておいてもそうそう盗られることはないですよね。それだけ海外と日本の治安は違うのです。

海外保険にはいっていれば、今あげた費用を保険でまかなうことができます。しかし保険に入っていない場合、全額自己負担になります。不運にも盗難や事故にあって、せっかく予定していた海外旅行の予定が崩れたのに加え、損害を全額自己負担なんてことになったら最悪です。旅先で急病、事故、盗難にあわないという保証はどこにもありません。不幸にもそうした事態になったときに備えて海外保険に加入しておいたほうが安心して旅行ができます。 保険は「心の安心」を買い、楽しく旅行するためのものなのです。

クレジットカードの付帯保険あれば、加入の必要なし?

みなさんはクレジットカードはお持ちでしょうか?実はクレジットカード会社によっては、海外旅行保険がついている場合があります。たとえば、楽天カードやdカードは海外旅行保険がついています。「自分のクレジットカードには海外旅行保険がついているから、別で海外旅行保険に加入しなくてもいいや!」と判断するには注意が必要です。クレジットカードについている海外旅行保険を適用するにはいくつか条件があるので確認しておきましょう。

1つ目は保険金が支払われるタイミングです。もし万が一、海外旅行先で病院にかかる機会があって治療費を支払わなければならない場合、クレジットカードについている海外旅行保険の場合、保険金はすぐにはもらえません。いったん個人で建て替えて後日支払いとなります。よって治療費は個人でいったん全額し払わなければなりません。

2つ目は利用付帯の場合が多いということです。利用付帯というのは支払いをクレジットカードで行ったものに関して保険が適用されることです。たとえばツアー料金をクレジットカードで行った場合、そのツアー内で起きた事故等に関しては保険適用となりますが、ツアー料金をクレジットカードで支払わなかった場合は、保険適用の対象外となります。クレジットカードをもっているだけでは保険適用にならず、支払いにクレジットカードを使ったものに対して保険適用になるというのが利用付帯です。

3つ目は補償内容が最低限ということです。たとえば一番使う可能性が高い保険項目の「治療費補償」についてですが、あるカード会社のクレジットカード付帯保険は最高300万円でした。アメリカで盲腸になった人の例を冒頭にあげましたが、海外では日本にくらべて医療費が高額です。海外では言葉も通じないので、治療に時間と手間がかかる可能性が高く、その分いろいろな検査や施術を行って治療費が高額になるかもしれません。。。最高300万円なので、条件によっては満額もらえない可能性だってあります。

以上のことからクレジットカード付帯の海外旅行保険だけでは十分とはいえません。クレジットカード付帯の保険+海外旅行保険を準備すれば、もしもの時の備えは万全です。

エポスカード

オススメの申し込み方法

以前、海外旅行保険を旅行会社で見積もりをとってもらいましたが、補償内容は余りあるほど十分でしたが値段が高かったです。具体的な金額は忘れてしまったのですが、ネットで予約したのに比べて1.5倍くらい高かったと思います。海外旅行保険はネットで予約するのが断然お得です。

実際に申し込んだおすすめの海外旅行保険

実際、ネットで探してみるとたくさんの保険会社が出てきて迷ってしまうと思います。そこで私が海外旅行で申し込みをしてよかった保険会社をオススメしたいと思います。保険選びの参考にしてもらえればと思います。

私が選んだのは「東京海上日動」です。私が東京海上日動の海外旅行保険を選んでよかったことを紹介したいとおもいます。

1つ目は保険内容の充実です。私は治療費用の補償と賠償責任ができるだけ高いプランをを選びました。なぜかというと、治療費がいくらになるかわからないという心配と子供が小さいので何かを壊してしまった場合に弁償となった場合に備えたいと思ったからです。この治療費用と賠償責任の補償が保険選びのキーでした。今回申し込んだのは治療費用の補償は無制限、賠償責任は1億円のプランでした。

2つ目は24時間対応、日本語対応があるからです。海外に行くと言葉が通じないということが一番の不便です。観光や食事の時に言葉が通じなくてもまぁなんとかなりますが、もしもの時に相談できる相手が外国人しかいなかった場合、とても心配です。万が一、事故やケガによって病院にかからなければならないときも保険会社のスタッフと24時間日本語で対応してくれるので安心です。

3つ目は保険証券が届くのが早いことです。保険証券は申し込んだ保険の内容、補償内容が記載されているものです。申し込み後に紙で郵送されてきました。私が申し込んだのは旅行に行く2週間くらい前でした。保険証券が郵送されてくるのに時間がかかると思ったので余裕をみて契約をしました。ネットで申し込むと次の日には郵送されてきて、思いのほか早かったです。旅行の準備に忙しかったので保険証券が早く送られてきてとても助かりました。

まとめ

最後にまとめです。海外旅行保険を申し込んで旅先でのアクシデントに備えましょう。「もしもの時」は誰も予想することはできませんが、備えをきちんとすることで心配なく楽しい旅行にすることができます。海外旅行保険を迷われている方はぜひ参考にしてみてください!

  • クレジットカード付帯保険では不十分、海外旅行保険でもしもの時の備えを!
  • ネットで申し込めば、充実した保障内容で安く済む
  • 東京海上日動がオススメ